デート中にお腹がグゥ…その場を和ませるリアクション9パターン


気になる男性の前でお腹が鳴ったときは、変に隠すよりも緊張をほぐす材料にしたほうがいいかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに「デート中、空腹でお腹が『きゅるるる!』と鳴ってしまったとき、その場を和ませるためにはどんなリアクションがあるか」を教えていただきました。

  • 【1】「お腹すいちゃったー。なんか食べよ」と素直に言ってお茶に誘う

    「無言は余計恥ずかしい。私なら素直に空腹をアピールする」(20代女性)というように、カフェやレストランに誘う口実にすれば自然です。また、思ったことをすぐ口に出す裏表のない人柄も伝わって好印象かもしれません。

  • 【2】「あっ…」とだけ呟いて恥ずかしそうな顔で男性を見つめる

    「こっちは照れてるのに、男の子はなぜか嬉しそうだった…」(10代女性)というように、言葉が出ないときは、恥じらった表情で気持ちを伝えるのもいいでしょう。照れ屋の女の子が好きだという男性は、かなり萌えるかもしれません。

  • 【3】「聞こえた?(笑)」と思いっきり明るく男性に聞いてみる

    「『すげぇグーが聞こえた!』と笑ってくれたからよし!」(20代女性)というように、お腹の音を笑いのネタにすれば、男性にウケるかもしれません。想像以上の音量で鳴ってしまったときなどは、男性も気を使いリアクションに困るので、あえて感想を聞くと、気まずい雰囲気にならずにすみそうです。

  • 【4】「なんでお腹って鳴るんだろうね?」と不思議がる

    「気持ちをそのまま言葉にしたらウケた」(10代女性)というように、自分の体を自分でもわかっていない「不思議キャラ」にかわいらしさを感じる男性もいるようです。ただし「天然な女の子が好き」という男性以外には、「痛い子」だと引かれる可能性があるので注意が必要です。

  • 【5】「じつは3日間なにも食べてないんだ」と冗談を言う

    「『さっき一緒にランチしたやん!』とツッコまれた」(20代女性)というように、ボケてその場を明るくするパターンです。男性のツッコミをうまく誘うボケができれば、「息がピッタリだな」と男性があなたをより身近に感じるかもしれません。

  • 【6】「お腹鳴っちゃった。えへへ…」と照れ笑いをする

    「正直に白状して照れるしかできなかった」(10代女性)というように、無理に取り繕うとせず、恥ずかしそうに笑えば気まずい空気にはならないでしょう。女の子らしい自然なリアクションを見てかわいいと感じる男性もいそうです。

  • 【7】「緊張するとお腹が鳴るんだ」とデートにドキドキしていることを伝える

    「ちゃっかり男性への想いをアピール」(20代女性)というように、緊張を伝えれば、男性に真剣な想いを感じとってもらえそうです。なかなか想いを打ち明けられない相手には、このような形で気持ちを小出しにしていくのもいいでしょう。

  • 【8】「なんでこんなときにー!」とお腹をおさえて悔しがる

    「悔しがる姿に彼も笑顔」(10代女性)というように、好きな人の前ではずっとかわいくいたいのにお腹が鳴ってしまったことを悔やむ様子が、男性の目にコミカルでかわいく映るのかもしれません。男性といい雰囲気のときに鳴ったら、お腹に怒りをぶつけてみましょう。

  • 【9】「ゴメン! おめかしに時間かけすぎて朝ゴハン食べてないの」とデートへの気合を匂わす

    「さりげなく好きな気持ちを伝えられる」(20代女性)というように、「デートへの気合い」をアピールするパターンです。本当に準備で朝ご飯を食べる余裕がなかったときは、体調万全でデートに臨むためにも正直に朝食抜きだと伝えて食事をとるほうがいいかもしれません。

「デート中、空腹でお腹が『きゅるるる!』と鳴ってしまったとき、その場を和ませるリアクション」にはほかにどんなものが考えられますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock