休日の予定がないことをそれとなく男性に伝える一言9パターン


ヒマな休日にデートのお誘いがあったらうれしいもの。予定がないことをうまくアピールして、男性に誘ってもらう方法はないのでしょうか。というわけで、『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「休日の予定がないことをそれとなく男性に伝える一言」を紹介します。

  • 【1】「今度の休み何しようかな」と、さりげなくヒマなことをアピールする

    「何気ないけどヒマなことを伝えられる」(20代女性)というように、予定を考えているような一言を口にすることで、男性に隙を見せる女性は多いようです。男性が近くにいるときに独り言のようにつぶやけば、「ヒマなの?」と食いついてくれるかもしれません。

  • 【2】「最近ヒマすぎて泣ける!」と、予定がないことを嘆く

    「『俺もヒマなんだ』ってノリノリで誘ってくれる」(20代女性)というように、あえてヒマ宣言をすることで、男性が誘いやすい空気を作る女性もいます。仲のいい男性になら、このくらいストレートに伝えるほうが「かわいいやつ」と思ってくれるかもしれません。

  • 【3】「明日は掃除でもしよう」と、一日部屋で過ごすことを明かす

    「『出かけないの?』って聞かれて、休日の話になる」(20代女性)というように、家で過ごす話をして、予定がないことを男性に気づかせる女性もいます。「せっかく掃除するし、来る?」と、家に招待するきっかけにできるかもしれません。

  • 【4】「友達にドタキャンされた」と、予定が潰れたことをグチる

    「予定が潰れたショックを話して男性の気を引く」(20代女性)と、ドタキャンされたことを明かし、男性が「代わりに俺が」と言うように誘導する女性もいます。グチるとはいえ、「ムカつく」など、下品な言葉を使わないよう注意しましょう。

  • 【5】「あの子はデートの予定があっていいな」と、友達を羨ましがる

    「周囲のデート事情を羨んだら、デートを申し込んでもらえる」(10代女性)と、他人を羨ましがることで男性がデートを申し出るよう仕向ける女性もいます。意中の男性のほうをちらりと見ながら「誰かデートに誘ってくれないかな」と言うと、男性は「俺か?」と意識し始めるかもしれません。

  • 【6】「誰とも都合が合わなくてつまんない」と、1人でいることをほのめかす

    「同僚が『俺がいるじゃん』って誘ってくれた」(30代女性)という体験談もあるように、一人で退屈なことを告げると、男性の立候補を促す効果がありそうです。ため息混じりで言うと、「1人で寂しいのかな?」と男性が気にしてくれるかもしれません。

  • 【7】「今週末、おもしろいイベントとかない?」と、男性に遊びに関する情報を聞く

    「『一緒に行く?』って連れていってもらえる」(30代女性)と、男性の予定を聞き、便乗しようとする女性もいます。イベント情報をゲットできたら、「行ってみたい!」と積極的に迫ると、男性が誘ってくれる可能性は高まりそうです。

  • 【8】「あのお店に行きたいけど1人じゃなぁ」と、遠回しに男性を誘う

    「男性も『俺も行きたいから』って声をかけやすい」(30代女性)というように、具体的なスポットを提示し、誘ってもらおうとする女性もいます。男性の家の近くの場所を挙げると、案内役を買って出てくれるかもしれません。

  • 【9】「ずいぶんデートしてないなぁ」と、彼氏がいないことを匂わす

    「デート受付中アピールになる」(20代女性)というように、フリーであることを伝えて、男性からのアタックを待つ女性もいます。「好きな人もいないし…」と言えば、男性は「今がチャンスだ!」と積極的に誘ってくれるでしょう。

「休日の予定がないことをそれとなく男性に伝える一言」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock