男性が「一体、用件は何なんだ…?」と困惑してしまうLINE・メール9パターン


男女のコミュニケーションにおいてLINEやメールは重要ですが、女性に比べて男性は「用件のないやり取り」を苦手とする人が多いようです。そんな男性を困らせてしまうメールにはどんなものがあるでしょうか? 今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性が『一体、用件は何なんだ…?』と困惑してしまうLINE・メール9パターン」をご紹介します。

  • 【1】文章すら入力されていない「顔文字だけのメール」

    「何を返せばいいの?」(20代男性)など、感情を伝えるのに便利な「顔文字」も、それだけでは意味を汲み取れない男性は多いようです。相手が返事をしやすいような文章を一言でも添えると、返信率が上がりそうです。

  • 【2】「週末、映画に行くんだ! 一人で!」などの「個人行動予告メール」

    「一緒に行きたいってこと?」(20代男性)など、唐突に自分のスケジュールを伝えるメールは、送られた男性が深読みしてしまうようです。デートの誘いであれば、「暇だったら一緒に行かない?」と素直に伝えたほうがいいかもしれません。

  • 【3】彼女でもないのに「これから飲み会」などの「報告メール」

    「それだけ聞かされても…」(20代男性)など、恋人同士であれば自然な「行動の報告」ですが、恋人未満の男性に送っても良い反応は期待できないようです。「今度は一緒に行こうね」など、相手へ具体的に働きかける一文を加えるとよさそうです。

  • 【4】反応待ちの「○○君!」など「呼びかけだけのメール」

    「こっちの出方を伺われているような」(20代男性)など、ほのかに好意を伝える「呼びかけメール」も、男性によっては反応に困ってしまうようです。ただ呼びかけるだけよりも、「何してる?」など具体的な文章を書いたほうが自然に応えてもらえそうです。

  • 【5】その日の出来事を淡々と書くだけの「日記メール」

    「ストーカーっぽくてちょっと怖い」(10代男性)など、その日の出来事をダダ漏れにするようなメールは、男性にとって理解が難しいようです。面白いエピソードに絞り、「これってどう思う?」などの質問も加えれば、男性も返信しやすいでしょう。

  • 【6】「友達の○○ちゃん可愛いよね」などの「探りメール」

    「どう返信しても地雷を踏む気がする」(20代男性)など、男性の気持ちを探るようなメールは、返事を躊躇させるようです。相手の心が知りたいなら遠まわしに聞くより、直接会って顔を見ながら話したほうが誤解を生まずに済みそうです。

  • 【7】ただ時間を潰したいだけに思える「『暇』の一言メール」

    「俺が付き合う理由があるんだろうか」(20代男性)など、そっけない「暇」の一言は、男性によっては失礼だと感じる人もいるようです。本当に暇潰しに付き合ってほしいときは、せめて自分から話題を振るくらいの配慮はしたいものです。

  • 【8】「たぶん起きてないよね」などの「自己完結メール」

    「なんか重い。普通に聞いてくれたほうがいい」(20代男性)など、自己完結的な言いまわしのメールは、男性へ「面倒くさい女」という印象を与えてしまうようです。気を使いすぎてぎこちない文章になるよりは、用件を率直に書いて送ったほうが好印象でしょう。

  • 【9】他人へのグチを書き連ねる「不満メール」

    「文章だと共感しづらいし、反応が面倒」(20代男性)など、長文になりがちな他人へのグチや不満も、送られた男性にとっては共感できず困るケースが多いようです。「他人の陰口」は自分の評価も落としかねないので、メールで送るのは避けたいものです。

ほかにも、「男性が『一体、用件は何なんだ…?』と困惑してしまうLINE・メール」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock