合コンで酔っ払うなよ!男性陣をドン引きさせる振る舞い9パターン


女子会のときならまだしも、気になる男性が参加している飲み会で「ハメを外す」のはリスクが高いものです。酔っているとはいえ、無防備な言動を連発していると、次の日から男性に雑な扱い方をされるかもしれません。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「男性をゲンナリさせる『酔っぱらったときの女性の振る舞い』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】乾杯後にビールを一気飲みして、誰よりも早くおかわりを頼む

    「体育会系のスポーツマンっすか!?」(20代男性)と、飲み会スタート直後に一気飲みすると、軽く性別を疑われます。大人の女性として空気が読めることを示すためにも、知り合って間もないメンバーが多い飲み会では周りとペースを合わせるつもりで飲んだほうが良いでしょう。

  • 【2】エンドレスでおつまみを食べ続ける

    「リスみたいで、だらしなく見える」(30代男性)こともあるので、卓上での手の動きにも注意が必要です。酔いに任せてリスのようにえだまめを食べたり、子供のように頬杖をつかないようにしましょう。基本的に手は膝の上に置いたほうが女性らしく見えそうです。

  • 【3】日本酒や焼酎を片っ端から注文して飲み比べする

    「酒好きのおっさんの飲み方でしょ……」(20代男性)と、アルコールに弱い男性からドン引きされる可能性があります。「タチが悪い女」というレッテルを貼られないためにも、酔い潰れないように自己管理する意識を忘れないようにしましょう。

  • 【4】急に猫なで声になり、カラダをすり寄せてくる

    「カラみ方が安っぽい」(20代男性)など、酔った勢いでキャラを変えるとバッサリと一刀両断されるリスクがあります。初対面で色仕掛けをしてもチャラいキャラだと思われるので、ある程度の信頼関係を築いてからにしたほうが良いでしょう。

  • 【5】焼酎派はひとりしかいないのに、勝手にボトルを頼む

    「個人プレイ反対!」(30代男性)と、男性陣から要注意人物として認識されかねません。たとえボトルで頼んだほうが結果的に安上がりだと思っても、焼酎派やワイン派が自分ひとりのときはグラスで頼んで謙虚さをアピールしたいところです。

  • 【6】グラスや食器をがさつに扱う

    「細かいところに本性が出るから」(20代男性)など、グラスや食器の扱い方を厳しく採点している男性もいるようです。酔っぱらうと面倒臭くなるからこそ、グラスを丁寧に扱かえば女性らしい繊細な一面をアピールできるはずです。

  • 【7】だらしない姿勢になって、下着がまる見えになっている

    「セクシーさのかけらもない」(20代男性)と、どんなに会話が盛り上がっていても男性が意気消チンしてしまいます。お酒を飲んでもなるべく姿勢は崩さずに、また、下ネタには愛想笑いで返すなど女性としての品をキープしたいところです。

  • 【8】「男でしょ」と言って無理に飲ませようとする

    「セクハラだと思う!」(20代男性)など、一気に男性から反感を買う可能性があります。無理に飲ませてテンションを上げさせようとするよりも、「そんなに飲んで大丈夫?」と気遣ってあげたほうがやさしさをアピールできるでしょう。

  • 【9】ひとりだけ泥酔して、動けなくなる

    「めんどくせー女だ…」(30代男性)というのが男性の本音のようです。飲み会の趣旨やメンバーにもよりますが、男女が参加する飲み会では酔い潰れてしまうと恋愛のチャンスも潰してしまうかもしれません。酔うと記憶をなくすタイプの人は、「あと一杯」のおかわりをガマンしてみてはいかがでしょう。

「男性をゲンナリさせる『酔っぱらったときの女性の振る舞い』」には、ほかにどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock