デートに誘った男性が「お高くとまりすぎ!」とイラッとしてしまう女性の断り文句9パターン


デートに誘われても、やむを得ず断る場合もあるでしょう。しかし断り方次第では、二度と誘われなくなる危険性があります。今回は、『スゴレン』男性読者に聞いた「デートに誘った男性が『お高くとまりすぎ!』とイラッとしてしまう女性の断り文句」を紹介します。

  • 【1】「あなたと? 冗談でしょ?」と、男性をバカにする

    「バカにされたことに凹む」(30代男性)というように、勇気を出して誘った男性を茶化すような断り方は、男性のプライドを傷つけてしまうようです。同様に「マジ無理(笑)」など軽いテンションで断るのも、男性の自尊心を踏みにじるので気を付けましょう。

  • 【2】「ほかの人にも誘われていて困るな」と、モテっぷりを自慢する

    「モテアピールしてくる女子って引く」(30代男性)など、ほかの男性からも言い寄られていることを嬉々として話す女性を、男性は敬遠するようです。「また誘ってくれたら、あなたを優先するね」と伝えれば、男性は「俺にもチャンスあるかも」とやる気を出すでしょう。

  • 【3】「全部奢ってくれないならなぁ」と、お金を引き合いに出す

    「『奢られて当然』って意識に呆然」(20代男性)と、「行くか行かないかはお金次第」という判断基準に呆れる男性もいます。「行きたいけど、今金欠で…」と遠回しにアピールすれば、男性が「奢るよ」と言ってくれるかもしれません。

  • 【4】「あなたは恋愛対象じゃないから」と、気遣いもなくバッサリ言い放つ

    「判断が早すぎ」(20代男性)というように、最初から相手にしてくれない女性に、男性は「外見とスペックしか見てないの!?」と呆気にとられるようです。男性に興味がないときは、「私、彼氏一筋だから」と嘘でも彼氏の存在を匂わせれば、男性のプライドを傷つけずに済むでしょう。

  • 【5】「そんなに暇じゃないの」と、忙しさを理由に断る

    「『あなたは暇みたいだけど』って言われたようで腹立つ」(30代男性)というように、忙しさを理由にされて、「俺だって暇だから誘ったわけじゃない」といら立ちを覚える男性もいます。「来月なら」と次を期待させれば、男性も気分を害さないでしょう。

  • 【6】「その映画、興味ないから」と、デート内容にケチをつける

    「『見たくないから行かない』とか現金すぎる」(20代男性)と、デート内容で決める女性の自分勝手さに嫌気がさす男性もいます。乗り気になれないプランなら「その映画もいいけど、あれもよさそう」と提案すれば、男性も「面白そうだね」と快く変えてくれるかもしれません。

  • 【7】「行ってもいいけど、夕方には帰りたいんだ」と、早く切り上げる気満々でいる

    「お持ち帰り防止策を設けるほど警戒しなくても…」(20代男性)というように、女性の警戒心の強さに「そこまで考えるの!?」と驚く男性もいます。安全策を講じたければ、「明日早いのでご飯だけなら」と早めに帰りたい理由を説明し短時間デートになるよう誘導してみましょう。

  • 【8】「期待させたくないから」と、すでに告白されたかのようなつもりでいる

    「告白してないのに勘違いしすぎ」(10代男性)というように、デート後を見据えた女性の断り文句に、男性は「考えすぎだ」と感じるようです。「もう少し仲よくなったらね」と断り、恋には慎重な女性だとアピールしてはいかがでしょう。

  • 【9】「私とじゃ釣り合わないよ」と、上から目線で諭す

    「自分の価値が高いと思ってる人は誘ってもムダ」(20代男性)と、男性を下に見たような女性の発言を聞き、諦めてしまう男性もいます。お互いの関係に上下をつけるような発言は、自意識過剰を通り越して「人間性そのもの」を疑われるので注意しましょう。

「デートに誘った男性が『お高くとまりすぎ!』とイラッとしてしまう女性の断り文句」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock