告白したときに思わずビックリした女性からの「お付き合いの条件」9パターン


勇気を振り絞って告白し、めでたく「OK」の返事をもらえても、女性がOKの代わりに提示した条件次第では、男性が「腑に落ちない…」と感じることもあるようです。そこで、今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「告白したときに思わずビックリした女性からの『お付き合いの条件』」をご紹介します。

  • 【1】友だちに交際を内緒にすること

    「軽く傷ついた」(10代男性)など、自分は彼氏として認められていないと思い、切なさを感じてしまうケースです。友だちに紹介することは愛情表現のひとつと考え、すぐに公表したくない場合は「関係が安定したらね」などと彼が納得できる理由を伝えるとよいでしょう。

  • 【2】毎日何をしていたか分かるように交換日記メールをすること

    「長く続かないだろうなと思った」(20代男性)というように、つねに女性に見張られているような窮屈さに二人の将来を案じてしまうようです。連絡を取り合う頻度は二人の生活パターンに照らし合わせてお互いにムリのない程度にすると長い付き合いにつながるかもしれません。

  • 【3】お付き合いを始めたことを、まず親に報告しに行くこと

    「とにかく重くてビビった」(30代男性)など、あわよくば「結婚」を狙う必死さに尻込みしてしまうパターンです。親に会わせる場合は、せめて数ヶ月間のお付き合いを通して、彼が「うまくやっていけそう」と思うタイミングを見計らってから打診してみるとよいでしょう。

  • 【4】ほかの女性との連絡をすべて絶つこと

    「束縛がすごそうで引いた」(10代男性)など、付き合ったとたん首輪をかけられたようで男性は引くようです。実際に女性と連絡をとっているときに、「あんまり仲良くしないでね」などと伝える程度ならば愛おしく感じてもらえるかもしれません。

  • 【5】呼んだら、いつでもどこからでもすぐに駆けつけること

    「将来『仕事と私どっちが大事なの?』と詰め寄られそう…」(20代男性)など、「いつも私を最優先して」というめんどくさいタイプだと判断されてしまうようです。今すぐ会いたいときでも「もし時間があったら」など気遣いの一言を沿えると、忙しくても時間を作ってくれるかもしれません。

  • 【6】自分が好きなアイドルのコンサートに一緒に行くこと

    「韓流スターのコンサートは本気でキツイ!!」(20代男性)など、共有できない趣味の強要は厳しいと感じる男性は多いようです。どうしても一緒に行ってほしい場合は自分が興味のない野球観戦に付き合うなど、彼の趣味にも付き合ってあげましょう。

  • 【7】本命の彼氏がいるため「二番手」でもよいこと

    「たとえOKをもらっても、『じゃあいいや』と諦める」(10代男性)というように、甘んじて二番になってくれる男性はいないようです。「二兎を追う者は一兎をも得ず」にならないようにきちんとお断りする誠実な姿勢に、告白相手も好印象を抱くかもしれません。

  • 【8】メールは月に一回など、あまり深入りしてこないこと

    「付き合う気が本当にあるのか悲しかった」(20代男性)というように、心の交流を拒絶された気がして男性が不安を抱いてしまうパターンです。彼氏が「最近連絡ないね」などと不安がっているときはいつもよりまめにメールをするなど思いやりの姿勢を持つことも大切でしょう。

  • 【9】エッチは結婚までしないこと

    「本当に好きじゃないのではと疑った」(20代男性)など、男性の目には「自分への愛情が薄い」とうつってしまうこともあるようです。「結婚までは絶対にありえない!」と強く主張せず、「好きだからこそ大切にしたい」と伝えると、誤解が解けて男性も安心するでしょう。

ほかにも「告白したときに思わずビックリした女性からの『お付き合いの条件』」はありますでしょうか。皆さんのご意見お待ちしています。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock