友達の彼氏自慢に、内心イラッとする瞬間9パターン


彼氏との関係が「超ラブラブ!」な時期は、女子会での言動に注意が必要です。幸せすぎて脳神経が軽くマヒしている可能性があるので、無意識のうちに友達からウザがられることをしているかもしれません。最悪の場合、彼氏のことで悩んだときに、誰も真剣に相談に乗ってくれないなんてことも…。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「友達の彼氏自慢に、内心イラッとする瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「芸能人に似てる」と言って、写メやプリクラを見せてくるとき

    「大抵の場合は似てないけど、否定しにくい」(10代女性)と、結果的に友達に嘘をつかせてしまうかもしれません。「恋は盲目」とは言いますが、彼氏のルックスを過大評価するような発言は控えて、写メやプリクラはリクエストされたときに見せましょう。

  • 【2】「たかぷう」「まさぽん」など、彼氏を独自のあだ名で呼んでいるとき

    「『浮かれてんなー』と思う」(20代女性)など、彼氏の呼び方ひとつで友達から冷めた目で見られることも…。親密度を感じさせる独自のあだ名は彼氏と二人でいるときだけに使用して、友達の前では普通に名前で呼んだ方が良いかもしれません。

  • 【3】「二人でハワイに行くんだ」など、リア充をアピールしているとき

    「彼氏がいない私への当てつけか!」(30代女性)と、相手の状況次第では反感を買ってしまう可能性もあります。「幸せ自慢」だと思われないように、恋愛が不調の友達の前では安易にデートの予定を口走らないようにしましょう。

  • 【4】内容の薄い喧嘩話を延々と聞かされるとき

    「だんだんノロケ話に聞こえてくる」(20代女性)とウンザリされないように、ただのグチ的な「喧嘩ネタのたれ流し」も控えたいところです。相談したいときは相手のアドバイスにもきちんと耳を傾けるなど、会話が独りよがりにならないように注意しましょう。

  • 【5】やや上から目線で、「フリーの方がいいよ」と言われたとき

    「だったらアンタも今すぐ別れなさいよ!」(10代女性)など、相手の神経を逆なでしてしまう恐れがあります。「恋人がいることのメリット・デメリット」の会話は、同じ状況の相手としか分かり合えない可能性が高いので、彼氏がいない友達の前では避けた方がいいでしょう。

  • 【6】「これ、彼氏とおソロなんだ」など、持ち物を自慢されたとき

    「完全なるノロケ。けど、実際のところうらやましい」(20代女性)と、「お揃いアイテムの見せびらかし」は友達に敗北感を味わわせてしまうかもしれません。恋愛にまつわる持ち物のエピソードは、高い確率で相手をイラつかせるので、質問されたことだけに答えた方がいいでしょう。

  • 【7】「彼氏が忙しくて会えないから遊ぼう」と、妥協案として誘ってくるとき

    「私のことを『なぐさめ係』だと思ってる?」(10代女性)など、友情より愛情という優先順位が透けて見えることで人格を疑われる危険があります。友達にアポ入れするときに、わざわざ彼氏の話を持ち出すのは避けましょう。

  • 【8】彼氏と同棲してる「愛の巣」に、女一人で招かれたとき

    「なんの罰ゲームかよ!」(20代女性)など、友人のキャラによっては辱めてしまう可能性があります。恋人がいない友人を家に招待するときは、彼氏がいないときに誘うなど、気を使わせないような配慮が必要です。

  • 【9】首のキスマークを隠さず、「突っ込み待ち状態」のとき

    「『ラブラブでいいね』と、うらやましがってあげるのが面倒」(20代女性)と、アクセ感覚でキスマークを見せると周りの友達に気を使わせてしまうようです。みっともないと思われる可能性もあるので、目立つときは極力スカーフや絆創膏で隠しましょう。

「友達の彼氏自慢に、内心イラッとする瞬間」には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock