合コンにおける女が嫌いな「男に媚びる女」9パターン

1916 200x200

男性にかわいく思われたいのが女心。しかし男ウケを狙いすぎると、周りの女性から「ウザッ!」と反感を買っているかもしれません。気づけばひとりぼっち…なんてことにならないよう、『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「合コンにおける女が嫌いな『男に媚びる女』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】男の前だと声のトーンがワントーン高くなる

    「『どっから声を出してんだ!?』ってビビる」(20代女性)と、巧みに声色を使い分ける女性に、同性は引いてしまうようです。「○○だからぁー」「でもぉー」とむやみやたらと語尾を伸ばすパターンも、「聞いてて虫唾が走る」との声がありました。

  • 【2】首をかしげて両手を振りながら「おはようございまぁーす」とあいさつ

    「ひらひら両手を振ってあいさつする女ってなんなの?」(30代女性)と、男性へのぶりっこ攻撃はかなり同性のひんしゅくを買うようです。男性を見ると条件反射でぶりっこをしてしまう人は、女性にも意識して同様に接すると「素なんだ…」と認識してもらえるかもしれません。

  • 【3】普段は素手で虫を殺すのに、男の前では大げさに虫を怖がる

    「蚊を怖がるのはさすがに無理があるだろ(冷笑)」(20代女性)と、男性に「か弱さ」をアピールする行動も、女性に対しては、むしろ「図太さ」をアピールすることになるようです。同性に嫌われたくないなら一貫して虫を怖がり、キャラがぶれないように気をつけましょう。

  • 【4】いつもはしっかり者だけど男性の前では「エセ天然」

    「本当は知ってるくせに『出世魚って何? 社長魚とかいるの?』とか天然ぶる女ってけっこう多い」(30代女性)と、男性の前でおバカキャラを演じる女性は、その計算高さが鼻につくと思われるようです。男性は簡単に騙せても、同性には見破られやすいのがこの「エセ天然」。合コンなど女性がいる場ではやめたほうがいいかもしれません。

  • 【5】返事をするとき同性には「あ?」、男性には「はぁーい」

    「二重人格かよ」(10代女性)と、名探偵コナンもビックリの「ふたつの声色を駆使する」女性は、腹黒いイメージを持たれるようです。女性にもつねに気持ちのいい態度で接していれば、同性からも「愛嬌がある子だよね」と、思わぬところで恋の援護射撃をしてもらえるかもしれません。

  • 【6】男性と話すときは、上目遣いに高速まばたき

    「いやいや、たまに白目向いてるって(笑)」(10代女性)と、パチパチさせての上目遣いは、やり過ぎると女性から「ただの痛い人」と思われるようです。ただし上目遣いに弱い男性は多いもの。好きな男性とふたりきりのときなら、迷わず上目遣いで話しましょう。

  • 【7】つねに体をクネクネ動かしている

    「陰では『ヘビ女』と呼んでいます。獲物(男)を狙ってクネクネ近寄ってくから」(30代女性)と、やたらとしなを作る女性は、同性から軽蔑されることがあるようです。仕事中にしなを作っていると男性からも「場をわきまえない人」と思われる危険があるので注意しましょう。

  • 【8】男性にはボディタッチしまくる

    「ベタベタされて男がデレッとするのを見て、またムカつく」(10代女性)と、やたらと男性に触れる女性は、周りの女性をイラつかせるようです。同性の目があるときは、「わざわざ男性の腕をつかんで話しかける」などの過剰なボディタッチは避けたほうがいいでしょう。

  • 【9】やたらと跳ねる

    「『かわいー!』とピョンピョン。『おいしー!』でもピョンピョン。いい年して無邪気過ぎるだろ」(20代女性)というように、子どもみたいにはしゃぐ姿は、「天真爛漫な私」アピールに思えてうんざりするようです。プラスの感情を思いっきり表すのはいいことですが、周りが「うるさい」と感じない程度にとどめるよう、空気を読みましょう。

ほかにどんな「男に媚びる女」は、女性から嫌われるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)

スポンサードサイト

理想の結婚相手を探す

facebook