周囲にバレないように気になる男性にアピールする方法9パターン


気になる男性に好意をアピールしようと思っても、職場や学校だとどうしても周囲の男性の目が気になってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「周囲にバレないように気になる男性にアピールする方法」をご紹介します。

  • 【1】気になる男性にだけ悩みや本音を漏らす

    「『相談できるのはあなただけ』という特別扱いができる」(20代女性)など、男性の「頼られたい」という感情を刺激することができるようです。また、「ここでは話しづらい」と言えば、食事やお茶に誘うきっかけにもなるでしょう。

  • 【2】とにかく頻繁に視線を送る

    「『よく目が合うな』と思ってもらうためです」(20代女性)など、気になる男性の意識に訴えかけるため、「目は口ほどにものを言う」という作戦をとる方法です。男性と目が合ったらニッコリと笑顔を送ることも大切でしょう。

  • 【3】ほかの男性に対するよりも近めの距離で話しかけ、目をじっと見る

    「やっぱり男性もドキドキするみたいですよ」(30代女性)など、物理的な距離を狭めることで、男性を意識させるパターンです。自分でも「近すぎる!」と少しドキドキするくらい接近すると、相手もちょっとした緊張感を覚えるのではないでしょうか。

  • 【4】常に自分から笑顔で挨拶する

    「気になる人にだけ、特別な笑顔を送るようにします」(20代女性)など、明るい挨拶は好印象を与えるための第一歩となるようです。「遠くで見かけた段階で手を振る」といった積極性をアピールできるとなおいいでしょう。

  • 【5】敬語だけではなく、「そうかなぁ?」などのラフな話し方も交える

    「さりげなく距離を縮められると思います」(20代女性)など、適度にタメ口を挟むことで、さりげなく「先輩と後輩」といった硬めの関係をやわらげることができるようです。ただし、あまり頻繁に用いると「なれなれしい女」という印象を与えかねないので注意が必要でしょう。

  • 【6】仕事や役割をサボったことなど、二人だけの秘密を共有する

    「『特別な関係』みたいな意識が生まれるはず」(10代女性)など、ささいな「秘密」を男性と共有するだけで、関係が密接になることもあるようです。「秘密」を持ったあとに、わざと他の男性と接する時間を増やしてみると、男性に軽く嫉妬させることができるかもしれません。

  • 【7】「休みの日、何してたの?」など、さりげなくプライベートな質問をする

    「本人に興味がなければ、こんな質問はしないと思うはず」(20代女性)など、気になる男性のプライベートに関心を示すことで、好意が伝わることもあるようです。男性のトークに対して興味深そうに質問を重ねるといいでしょう。

  • 【8】「あれ、その靴見たことない」など、髪型や服装の変化を敏感に指摘する

    「『俺のことよく見てるな』って思ってもらいたい」(20代女性)など、ささやかな変化を指摘することで、男性を注意深く見つめているとアピールするパターンです。「このデザイン好き」など、自分の感想も加えられるといいでしょう。

  • 【9】大勢いるときはあまり気にかけず、二人きりのときだけ話しかける

    「ちょっとしたツンデレ効果を狙ってます」(20代女性)など、状況によって態度を変えると、男性は「自分は特別な存在なのかも」と感じるようです。周囲にわからないように差をつけることで、相手の男性に優越感を覚えさせることもできるでしょう。

ほかにも「周囲にバレないように気になる男性にアピールする方法」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock