下ネタを振られたときの「かわいいリアクション」9パターン


飲み会などで楽しくなると、女性にも下ネタを振る男性がいます。「せっかくの飲み会だから空気を壊したくない」と思いつつ、困ってしまう女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「下ネタを振られたときの『かわいいリアクション』」をご紹介します。

  • 【1】「まだ時間が早いですよ」とたしなめる

    「時計とか見る小芝居も入れるとグッド!」(20代女性)など、ちょっとわざとらしい演技込みで「かわす」ケースです。「まだはやーい」と酔った口調で言えば、かわいいと感じる男性もいるようです。鋭い口調にしなければ、気まずい雰囲気にならずにすむでしょう。

  • 【2】「何ですか?」と意味がわからないふりをする

    「ここは天然のふりをするべし!」(20代女性)とアドバイスする女性もいます。本当に意味がわからない場合もありえる若い女性にとっては、特に使いやすいテクニックかもしれません。キョトンとした表情を作ると、なお良いでしょう。

  • 【3】「最低!!」と笑顔で注意する

    「とりあえず軽く怒っとけ(笑)」(20代女性)と言う女性もいます。少し機嫌悪そうに注意することで、大抵の男性は引いてくれそうです。もちろん、本気で怒ってしまうと場の空気を悪くしてしまうので、笑顔は忘れないようにしましょう。

  • 【4】「ヤダー」と照れて顔を赤らめる

    「清純キャラの女子なら、照れれば誰かが助けてくれる」(20代女性)など、キャラ限定ではありますが、恥ずかしそうにするのもひとつの手かもしれません。ただし、「やめてやめて!!」など過剰反応すると、面白がって食い下がる男性もいるので、加減は必要でしょう。

  • 【5】「バトンタッチ!」と仲のいい男友達に話を振る

    「誰かが答えればいいんだから、男子に答えさせちゃえ!」(20代女性)という理論で他人に振るケースです。「うーん、○○くんお願い!」などと言えば、頼られたような気がして、話を振られた男性も悪い気はしないのではないでしょうか。

  • 【6】「わかんなーい」とかわいこぶってウケを狙う

    「笑いに変えればすべてチャラ」(30代女性)など、わざとウブな演技をして笑いをとるケースです。普段のキャラと違うだけで、まわりが笑ってくれる可能性は高いので、気安く下ネタなどを振られがちな女性こそ、ウケ狙いで回避してはいかがでしょうか。

  • 【7】「もう一回言って」と聞こえなかったふりをする

    「最初から言うのも馬鹿らしいし、諦めるんじゃないかな」(20代女性)など、相手の聞く気をなくさせる作戦です。そもそも下ネタを真剣に語り合いたい人は珍しいので、通常は場の空気を盛り上げるための演出であると考えられます。「話を聞いていない」という態度を貫けば、相手のテンションも自然と下がるでしょう。

  • 【8】「エッチな話好きだよねー」と感心したように言う

    「ちょっと上から目線がポイント(笑)」(20代女性)などの意見もあり、少し呆れたような態度をとることで、相手の羞恥心をあおることができそうです。「若いねー」などと言って笑うと、さらに恥ずかしい気持ちにさせられるかもしれません。

  • 【9】「じゃあ○○くんは?」とオウム返しにする

    「上目遣いでうかがうように言えば完ぺき!」(20代女性)など、かわいい素振りで質問し返してしまう作戦です。「あなたのことが知りたい」という興味津々な態度であれば、自分に興味を持ってくれたと感じ、喜ぶ男性もいるかもしれません。

ほかにも「下ネタはこのリアクションでうまくかわせる!」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock