デート中に感じた「末っ子」女性の魅力9パターン


家族構成がその人の性格に与える影響はいろいろありますが、なかでもデート中に見せる「末っ子」女性の特有の行動が、男性にとって魅力的に映ることは多いようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「デート中に感じた『末っ子』女性の魅力9パターン」をご紹介します。

  • 【1】甘え上手で、可愛らしいおねだりをしてくる

    「簡単に叶えてあげられる小さなおねだりが上手い。甘えられるとデレっとする」(20代男性)など、子供の頃から甘え上手に育つことの多い末っ子女性は、デート中も男性におねだりをするのが上手いようです。包容力のあるタイプの男性との相性は良好でしょう。

  • 【2】さりげなく目上を立てるのが上手い

    「カッコつけやすいように配慮してくれている気がする」(20代男性)など、末っ子女性の「目上を立てる」傾向は、男性にとってデートをリードしやすく感じさせるようです。「素敵なお店を知ってるんですね」など、ちょっとした一言で男性の気分をよくできそうです。

  • 【3】子供っぽくて罪がないわがままをいう

    「末っ子はわがままだけど、そこがかわいい」(20代男性)など、女性の「子供っぽいわがまま」をかわいらしいものとして受け入れる男性も少なくないようです。「急にソフトクリーム食べたくなった」など、小規模なわがままなら受け入れてもらえやすそうです。

  • 【4】幼い雰囲気で、守ってあげたくなる

    「地図が読めなかったり、できないことが多いと守りたくなる」(20代男性)など、幼い雰囲気のある末っ子女性は、男性の「保護欲」を刺激するケースもあるようです。ただし、すべてを男性に頼るのではなく、努力して成長しようとする気持ちは必要でしょう。

  • 【5】ちょっとしたプレゼントに大喜びではしゃいでくれる

    「喜ぶのが上手いから、もっと喜ばせたくなる」(20代男性)など、ちょっとしたプレゼントに対しても激しく喜びを表現するために、贈った側の男性も満足するようです。オーバーなほど喜びを上手に表現できるのは、末っ子女性の特徴といえるかもしれません。

  • 【6】空気を読んで盛り上げようとしてくれる

    「受身なようでいて、実はデートを盛り上げようと気を使っている」(20代男性)など、周囲の空気を読むことに長けている末っ子女性は、デート中もさりげなくテンションを調整しているようです。自分から積極的に話題を振るなど、密かに工夫していそうです。

  • 【7】無邪気に男性を頼ってくる

    「自分が頼られてるのがわかるから、誠実にリードしたくなる」(20代男性)など、頼られるとそれに応えようと頑張る男性は多いもの。末っ子女性のわかりやすい「おまかせ」っぷりは、男性のリードする気持ちを刺激するようです。

  • 【8】自分から腕を組んでくるなど、スキンシップが自然

    「気がついたら腕を組まれてたりと、自然に接近している」(20代男性)など、スキンシップを自然なものに感じさせる末っ子女性の行動は、男性には喜ばしいもののようです。ただし、「ベタベタ甘えてくる」と感じさせない距離感の測り方が必要になりそうです。

  • 【9】気まぐれで目的地を変えるなど、意外性のある提案をする

    「末っ子らしい気まぐれに振り回されることも多いけど、意外性があって面白い」(20代男性)など、突飛な思いつきや気まぐれは、余裕のある男性にとって「面白い提案」と受け入れられるようです。ただし、緻密で計画好きなタイプの男性には不快に思われるかもしれません。

ほかにも、「デート中に感じた『末っ子』女性の魅力」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock