男性が「助かる!」と感じるデートにおける女性のリード9パターン


デートでは男性に堂々と引っ張ってほしいものですが、弱気な男性にとって自信をもって女性をエスコートするのは難しいもの。女性からのさりげないフォローがあると、男性の安心感は高まるようです。今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性が『助かる!』と感じるデートにおける女性のリード9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「○○に行きたい!」など、行き先について意見を出す

    「優柔不断だから、行き先に悩みまくる。アイデアを出してくれると助かる」(20代男性)など、自分が行きたいデートスポットを積極的に伝えることで、男性は気持ちに余裕を持てるようです。相手も一緒に楽しめる行き先を提案するとなおよいでしょう。

  • 【2】会話の流れのなかで、自然に次のデートの予定を決める

    「何も言われないと、『次も誘っていいの?』と不安になる」(10代男性)など、その気はあっても次回以降のデートに誘うことに躊躇する男性もいるようです。「次に行きたい場所」を話しあうことで、自然と次のデートにつながりそうです。

  • 【3】男性に似合う洋服の上手なコーディネートを提案する

    「その場で似合う服を選んでくれれば、ガツンと買う」(20代男性)など、ファッションに自信のない男性のなかには、彼女にコーディネートしてほしいと思っている人もいるようです。相手を自分のセンスに染める好機と考えてもいいかもしれません。

  • 【4】会話のとき、男性が意見を言いやすい「間」を作る

    「こっちの意見をちゃんと聞いてくれるのが嬉しい」(20代男性)など、口下手な男性のなかには、デート中の会話がうまく噛みあわずに悩んでいる人もいるようです。相手が意見を言いやすい「間」を意識することで、円滑に会話ができそうです。

  • 【5】「週末暇なんだ」など、デートに誘いやすいきっかけを作る

    「いきなり誘うのは難易度高すぎ!」(20代男性)など、その気はあっても勇気がでない男性のなかには、デートに誘うきっかけを待っている人も多いようです。女性のほうからチャンスを作ってあげることで、勇気を振り絞ってくれるかもしれません。

  • 【6】道に迷ったときにサッと地図を調べる

    「一緒に地図を調べたりしてくれるとホッとする」(20代男性)など、デート中のトラブルを一緒に切り抜けようと努力する態度に、男性は救われるようです。すべてを任せきりにしないことで、男性も一生懸命フォローする気になれるようです。

  • 【7】「○○君は兄弟いるの?」など相手について質問する

    「自分に興味を持ってくれている気がする」(10代男性)など、デート中の会話において「質問待ち」一辺倒だと、男性は不安になるようです。相手についていろいろな角度から話を聞くことで、『あなたに興味を持っている』という気持ちが伝わるはずです。

  • 【8】「どこか行きたいところない?」と自分からデートを促す

    「相手のやる気に応えようと思ってテンションが上がる」(20代男性)など、率先して行動できないタイプの男性も、ストレートにデートの要求をされると、重い腰を上げるようです。女性に促されることで、自信を持って行動できるのかもしれません。

  • 【9】「今日はすごく楽しかった」など、デート成功の印をハッキリ表す

    「別れてから強烈に不安になる。成功ならハッキリ教えてほしい…」(20代男性)など、男性はデートの成否を判断できずに悩むことが多いようです。その日のデートを楽しめたなら、別れ際などにキチンと伝えることで、男性を安心させてあげるとよさそうです。

ほかにも、男性に「助かる!」と言われたことのある「デートにおけるリード」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock