男性に「か、かわいい…」と思われる、手をつなぐ前の一言9パターン


男性がなかなか手をつないでくれないときは、手をつないでくるのを待つだけではなく、自分からお願いしてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者のみなさんが、思わず「か、かわいい…」と感じた、手をつなぐ前の一言を教えていただきました。

  • 【1】少しぶっきらぼうに「はい!」と言って手を差し出す。

    「手をつなぐタイミングを考えてたら、手を出してくれた」(10代男性)というように、ぶっきらぼうに手を出されて、かわいいと感じたようです。男性が手を繋ごうとモジモジしている気配を感じたら、すぐに手を差し出してあげましょう。

  • 【2】「手が寂しがってるんですけど…」と冗談っぽく言いながら手をつなぐ。

    「なにその素直じゃないお願いの仕方…でもかわいい!」(20代男性)というように、手が寂しがっているせいにする素直じゃなさが愛おしいようです。男性に甘えるのが苦手なひとは、冗談っぽく手が寂しがっていることをアピールしましょう。

  • 【3】二人で歩いているとき、「ちょっと待って」と言いながら、男性の手につかまる。

    「突然、手をつかまれてキュンとした」(10代男性)というように、遅れまいと手につかまる姿をかわいいと感じるようです。男性の歩くペースが速いときは、つかまえたついでに手を握ってしまいましょう。

  • 【4】恥ずかしそうに下を向きながら「手…」と言ってお願いする。

    「照れくさそうにお願いされたから、こっちもドキドキした」(10代男性)というように、女の子の恥ずかしそうな様子を見てキュンとするようです。なかなか男性が手を繋ごうとしないときは、照れながらでもいいので気持ちを伝えましょう。

  • 【5】行きたいところを指差しながら、「ねぇ、あそこ入ろう!」と男性の手を引く。

    「手をつなぐための演技かも…と思ったらかわいく見えた」(10代男性)というように、手をつなぐために工夫する姿を愛おしく感じるようです。行きたい場所を見つけたとき、男性を誘導するように手を引けば、自然に手をつなぐことができるでしょう。

  • 【6】ホラー映画を見ながら「怖い!」と言ってしがみつくようにつなぐ。

    「しがみついたあと、我に返ったとき、『ゴメン!』と慌てている様子もイイ!」(10代男性)というように、おびえてしがみついてくる様子に萌えるようです。デート中に怖い思いをしたら、遠慮せずに男性の手にしがみついてしまいましょう。

  • 【7】「○○君の手は大きいねぇ」と言って手を触ったあと、そのままつなぐ。

    「『この子、手を繋ぎたかっただけじゃん』と感じて、かわいいなと」(10代男性)というように、手をつなぐためにわざわざ前置きトークをするところが愛おしいようです。手相などに興味がある場合は、そこから手の話をすると自然かもしれません。

  • 【8】「べっ別に手を握りたいんじゃないからね! 手が寒いだけなんだからねっ!」とツンデレ発言後につなぐ。

    「言われたことないけど、夢のシチュエーション」(20代男性)というように、ツンデレ発言後に手を繋がれたいという男性もいます。少し早口で勢いよく伝えると、よりツンデレ感が増すかもしれません。

  • 【9】「ねぇ、手を繋いでいい?」とストレートにお願いする。

    「普通なんだけど、疑問形のところにキュン死する」(10代男性)というように、男性の様子をうかがうように、お願いしてくるところにキュンとするようです。なかなか手をつなぐタイミングが見つからないときは素直にお願いしてみましょう。

ほかにも、「こんなお願いの仕方をしたら喜ばれるのでは?」という意見があれば、教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock