女の子から預けられると「俺、信頼されてる!」と実感するモノ9パターン


「女の子から頼りにされたい!」と思っている男性にとって、大事なモノを「ちょっと持ってて」と預けられることは喜びにつながるようです。では、男性が信頼をより実感できるモノとは何でしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「女の子から預けられると『俺、信頼されてる!』と実感するモノ」をご紹介します。

  • 【1】ロックをかけていない「ケータイ」

    「自分でも人に預けるのに抵抗があるから」(20代男性)というように、やはり個人情報がつまったケータイを預けることは大きな信頼につながるようです。とはいえ、「中を見られたかも…」という余計な疑念を抱くことになりかねないため、気の置けない相手にとどめたほうがいいでしょう。

  • 【2】カードや現金が入っている「サイフ」

    「貴重品は重量以上の重みを感じます」(10代男性)など、サイフを預けられた男性は大きな責任感を覚えるようです。また、「これでさっきの分払っといて」と中身の使用まで任せると、さらに男性への信頼を示すことができるでしょう。

  • 【3】女の子の秘密が詰まっていそうな「化粧品ポーチ」

    「なんかドキドキしちゃいます」(20代男性)など、自分が持ち慣れないモノだけに、化粧品ポーチを重々しくとらえてしまう男性は少なくないようです。中身を告げずにポーチを預ければ、男性の緊張や妄想はさらに広がるでしょう。

  • 【4】「口を付けてもいいの?」と期待してしまう「飲みかけのペットボトル」

    「飲み物は生理的な抵抗が強そう」(20代男性)など、貴重品以上に「信頼がないと預けてもらえない」と考える男性もいるようです。普段そこまで意識しないという女性は、逆に不用意に男性に手渡したりしないほうがいいかもしれません。

  • 【5】中身がまるごと入ったままの「バッグ」

    「バッグの中ってわりと人間性が集約されてそうだし」(30代男性)など、見られたら恥ずかしいであろうモノを預けられて喜ぶ男性は多いようです。特にトートバッグなどの中が見えてしまうカバンほど、男性は気を許されていると感じるでしょう。

  • 【6】予定や日記が書き込まれた「手帳」

    「ケータイより生々しそうな印象があるので」(20代男性)など、直筆でいろいろと書き込まれた手帳に想像を膨らませてしまう男性もいるようです。預ける機会は少なそうですが、それだけにちょっと手渡すだけでも男性はドキっとしてしまうでしょう。

  • 【7】プライベートでも活用している「ノートパソコン」

    「パソコンの中を見られるのが一番怖い!」(30代男性)など、男性にとって「パソコン」はよほど心を開いた相手にしか預けたくないアイテムのようです。わざわざパソコンを預けなくても、開きっぱなしのパソコンを放置して席をしばらくはずすだけで、「俺って認められているのかも」と感じる男性は多そうです。

  • 【8】肌身離さず身につけている「アクセサリー」

    「よっぽど大切なものなのかな、と思うから」(10代男性)など、思いの感じられるモノを預けられると、男性の責任感も強まるようです。その場ではずして手渡す、といった流れだと、ますます男性はドキっとしてしまうでしょう。

  • 【9】留守宅に入れる「家のカギ」

    「どんな状況でもカギは重い感じがする」(20代男性)など、恋人の合カギでなくても、家のカギを「信頼の象徴」ととらえる男性は少なくないようです。キーホルダーに複数のカギがついているものよりも、家のカギ一点のみのほうが重みを強調できるでしょう。

ほかにも「女の子から預けられると『俺、信頼されてる!』と実感するモノ」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock