男性に別れを思いとどまらせる「最後の一言」9パターン


大好きな彼氏から別れを切り出され、泣く泣く受け入れる…。そうならないためにも、彼氏を引き止める最後の一手があったら知りたいものです。そこで、『スゴレン』男性読者の意見を参考に、「男性に別れを思いとどまらせる『最後の一言』」を紹介します。

  • 【1】「やだ…」と、目に涙をためてつぶやく

    「男は女性の涙に弱いし、素直な言葉に思いとどまってしまう」(20代男性)というように、ポロッと出た彼女の本音を聞き、改めて二人の関係を見つめ直す男性は多いようです。泣きわめくと逆効果になりかねないので、かすかに聞こえる程度の声で言ってみましょう。

  • 【2】「なんでもするから」と、男性の袖をつかみ訴える

    「好きな気持ちがまっすぐ響いて、思わずうれしくなる」(20代男性)というように、ストレートな愛情表現を受けて、彼女への好意が復活する男性もいるようです。思いを伝えるためには、食い入るように相手の目を見つめ、はっきり言ったほうがいいでしょう。

  • 【3】○○君しかいないのに…」と、遠くを見つめて言う

    「やっぱり頼られると心が揺れる」(20代男性)というように、自分が彼女の支えになっていることに気づき、別れを考え直す男性もいます。遠くを見つめてため息をつけば、悲壮感を演出でき、「俺がいなきゃダメかな?」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【4】「もっとデートしたかったな…」と、思い出を振り返る

    「これまでの思い出がよみがえって、別れをちゅうちょする」(20代男性)というように、過去の楽しかった記憶を思い出して、今後も二人で歩んでいこうと考え直す男性もいるようです。「よくあのお店行ったよね…」などと、具体的な思い出話をしてもいいでしょう。

  • 【5】あなたの子ども生みたかったんだ」と、結婚願望を伝える

    「そこまで考えていたのかと思うと、自分が情けなくなる」(20代男性)というように、彼女が描いていた将来像を聞き、自分の薄情さを恥ずかしく思う男性もいます。「子ども」という言葉を使うと、一生のパートナーとして見直してもらえるかもしれません。

  • 【6】「私が悪かったんだね」と、自分の非を認める

    「自分の欠点に気づいてるなら、直してくれるかもって期待できる」(20代男性)というように、反省の色を見せて、別れの危機を乗り越えられると感じてもらうパターンです。口先だけにならないよう、しっかり改善に努める必要はあるでしょう。

  • 【7】「きっと後悔するよ」と、強がって見栄を張る

    「別れるのがもったいない気がしてくる」(20代男性)というように、彼女の最後の自己アピールを聞き、「損するかも」と焦る男性もいます。「私、料理うまいし」などと、彼氏に特に気に入ってもらっていた部分を言えば、「そこがいいんだよな」と別れの意志が揺らぐかもしれません。

  • 【8】「何もやる気がしない…」と、別れによる無力感を伝える

    「仕事も投げ出すようになったら責任を感じる」(30代男性)というように、別れが彼女を無気力にしてしまうことを知ると、男性は及び腰になるようです。棒読みで言うと鬼気迫るものがあるので、男性も「本気かも!?」と思い、別れを取り下げてくれるかもしれません。

  • 【9】「こうなる気はしてた」と、別れを予感していたことを告げる

    「そんな思いをさせていたことが申し訳ない…」(20代男性)というように、彼女が感じていた寂しさを知り、「別れ話は撤回しよう」と考える男性もいます。少し寂しげなほほ笑みを浮かべると健気さが強調され、男性が罪悪感を抱きやすくなるでしょう。

「男性に別れを思いとどまらせる『最後の一言』」には、ほかにどんなものがあると思いますか?皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock