「もの静かな女性」にキュンとする瞬間9パターン


話すのが苦手で、自分を上手にアピールできないと悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。男性に興味を持ってもらうきっかけは、楽しい会話や美しい外見だけではありません。そこで今回は『スゴレン』男性読者のアンケートを参考に「『もの静かな女性』にキュンとする瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】黙ってうなずきながら話を聞いてくれたとき

    「一生懸命話を聞いてくれているともっと話したくなる」(30代男性)というように、自分が話しているときに女性がしっかり聞いてくれているだけで、男性は嬉しいものです。相づちや表情できちんと聞いていることを示して、聞き上手を目指しましょう。

  • 【2】いち早く体調不良を察してくれるなど、周囲の様子をそっと気遣っていることがわかったとき

    「残業続きのときに、栄養ドリンクをデスクに置いておいてくれた」(20代男性)というように、差し入れなどのちょっとした気遣いを見せると「気にしてくれているんだな」と男性に喜ばれるようです。意中の人には、メッセージを添えるなど少し特別扱いをしてみましょう。

  • 【3】他人のミスに文句を言わずにフォローしている姿を見たとき

    「『手伝ってあげている』というアピールをせずに黙々と作業をしている姿が健気だと思った」(20代男性)というように、他人のミスや欠点には触れないという姿勢は男性の心を打つようです。控えめに振る舞いつつ、周囲をサポートするように心がけましょう。

  • 【4】みんなが騒いでいる中、静かに微笑んでいるのを見たとき

    「ミステリアスで、何を考えているのか気になります」(20代男性)というように、グループのなかで、控えめながらも楽しんでいる女性の様子は男性の目を引くようです。ただし、まったく蚊帳の外にならないように、楽しそうな笑顔を心がけましょう。

  • 【5】「バイクの免許を持っている」など、アクティブな一面を知ったとき

    「趣味がツーリングと聞いて、『どんな格好で乗るんだろう?』と気になった」(20代男性)というように、もの静かなイメージとは正反対の活動的な一面を持っていると男性は「もっと知りたい!」と感じるようです。個性のなさを自覚している女性は、いっそ男性的な趣味を研究してみましょう。

  • 【6】肝心な場面では自分の意見をしっかり述べていたとき

    「会議で上司の間違いを指摘していて、侮れない子だなと尊敬した」(30代男性)というように、普段は無口でも言うべきときには言う女性は周囲から一目置かれるようです。どうしたいか聞かれたときなど、必要な場面では自分の意見を伝えるようにしましょう。

  • 【7】自分が話すことにいちいち笑ってくれたとき

    「自分だけに心を開いてくれている気がして、自分のモノにしたくなる(笑)」(20代男性)というように、無口な子が楽しそうに笑うと男性の独占欲を刺激するようです。話せなくても笑うだけで、場を和ませることができるでしょう。

  • 【8】みんなが陰口を言っていても、決して同調しないとき

    「周りに合わせていない姿を見て、強い子なんだと思った」(10代男性)というように、悪口に同調しない姿を見せることで、男性の目には「凛とした女性」に映るようです。陰口には参加せず、蚊帳の外にいるのがよいでしょう。

  • 【9】おいしそうにごはんを食べている瞬間

    「もぐもぐしながら手をほっぺたにあてて、言葉にしなくても『幸せなんだな』とわかるほどおいしそうでキュンとした」(20代男性)という意見のように、無口でも表情豊かな女性を、男性は魅力的に感じるようです。無表情にならないように、表情や仕草でも感情を表すようにしましょう。

ほかにも、「もの静かだけど男性から人気がある女性」ががいたら教えてください。皆さんのご意見お待ちしています。(高清愛子)
Photo:All images by iStock