男性がつい引きずってしまう、別れぎわの行動9パターン


別れぎわの態度ひとつで、男性にとっての「元カノ像」はかなり左右されてしまうもの。では、どんな行動が別れた男性の心に美しく残るのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査を参考に「男性がつい引きずってしまう、別れぎわの元カノの行動」をご紹介します。

  • 【1】「また同じような人を好きになっちゃいそう」と目を潤ませてつぶやいた

    「自分を本当に愛してくれていたのがわかった」(10代男性)など、別れぎわに名残惜しさをにじませると、男性は愛情の深さを切実に感じ取るようです。「あなたみたいな人をまた好きになる」と宣言すれば、男心をくすぐることもできるでしょう。

  • 【2】「どうしても捨てられない…」と思い出のペアネックレスを指で撫でた

    「なんか申し訳ない気持ちでいっぱいになった」(20代男性)など、思い出の品への愛着は、男性に気持ちの強さを伝えやすいようです。「もらったプレゼント、まだ使っててもいい?」といった投げかけも一途な印象を与えるでしょう。

  • 【3】「あなたと一緒にいて本当に楽しかった。ありがとう」と無理に笑顔を作った

    「抱きしめたい衝動を抑えるのが大変だった」(20代男性)など、精一杯無理をしてみせると、男性は「健気だな」と感じてしまうようです。悲しい気持ちをぐっとこらえ、涙を見せないように振る舞おうとする「努力」が男性の心に深い余韻を刻むでしょう。

  • 【4】「夢がかなったら私にも知らせてよね」と笑いながら言った

    元カノに「自分のことをずっと思っていてほしい」と期待している男性は多いようです。「別れても、がんばろうって思えた」(20代男性)など、自分はさておき相手を励ますことによって、男性の目に「いい女」と映るのかもしれません。

  • 【5】「大好きだけど、別れるしかないよね」と寂しそうにうつむいた

    「こっちもいっそう寂しくなる」(10代男性)など、悲しげな姿を見ると、どうしても男性は放っておけない気持ちになってしまうようです。派手に泣くよりも、感情を抑えたほうがより悲しさは際立つでしょう。

  • 【6】別れた直後に「今でも本当は好き」とLINEをくれた

    「何度も何度も読み返してしまった…」(20代男性)など、男性は少ない言葉の中にたくさんの感情を読み取ってしまうようです。伝えきれなかった思いは、シンプルに届けたほうがより相手の心に響きやすいのかもしれません。

  • 【7】「私ももうちょっとがんばれば良かった」と後悔をにじませた

    「がんばればどうにかなったのかも」と思わせることで、男性の心は揺らいでしまうようです。「なんだか早まったかな、って思ってしまった」(30代男性)など、二人の明るい未来を予感させることが大切でしょう。

  • 【8】「ごめんね」と言いながら懸命に涙を抑えようとした

    「何もできない自分がやりきれなかった」(20代男性)など、やはり涙は男性の心を大きく動かすようです。騒いだり、ひたすら泣きじゃくったりするのではなく、抑えようとしているのに涙があふれてしまうところがポイントでしょう。

  • 【9】「これで最後だよ」とキスをした

    「いつまでもその場面が忘れられない」(10代男性)など、やはりキスは男性の心に余韻を残すには効果的な演出になるようです。キスすることで、「お互い嫌いになって別れたわけじゃなかった」と別れを美化してもらいやすくなるのかもしれません。

ほかにも「男性がつい引きずってしまう、別れぎわの元カノの行動」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock