美人じゃないのに「デートに誘いづらい」と感じさせる女性9パターン


取り立てて美人じゃないのに、男性から「デートに誘いづらい」「話しかけにくい」などと思われる女性は、どんなタイプでしょうか。『スゴレン』男性読者への調査を元に「美人じゃないのに『デートに誘いづらい』と感じさせる女性9パターン」を紹介します。

  • 【1】心を通わせるのが難しそうな「無表情な女性」

    「何を考えてるかわからない」(20代男性)というように、無表情であまり笑顔を見せない女性を苦手に感じる男性が多いようです。「とにかく女性の笑顔に弱い」という男性は多いので、「クールだね」と言われがちな女性は、男性の前ではなるべく笑顔を意識してみてはいかがでしょう。

  • 【2】ブランド品で身を固めた「お金のかかりそうな女性」

    「金持ちの男性しか相手にしなさそう」(20代男性)というように、ブランド品で全身を包んだ女性は、男性から引かれる可能性があります。誰が見てもブランド品だとわかるアイテムはバッグだけにするなど、1点くらいにおさえるほうがいいかもしれません。

  • 【3】二次元にしか興味がなさそうな「オタク女性」

    「現実の男に興味がないって聞いたことがある」(20代男性)と、オタク女性は「三次元の男性」に関心がないと思われているようです。「彼氏ほしいなー」などと周りに公言し、現実の恋愛にちゃんと興味があることをアピールしておいたほうがよさそうです。

  • 【4】「話しかけないで」オーラが出ている「いつもひとりでいる女性」

    「『ひとりの世界を邪魔しないで』という無言の威圧感が…」(10代男性)というように、単独行動ばかりしている女性には、近寄りづらい印象があるようです。気になる男性には一度自分から笑顔であいさつしてみると、次は気軽に声をかけてもらえるようになるかもしれません。

  • 【5】きついこともズバズバ言う「気の強い女性」

    「いっしょにいても気が休まらない」(20代男性)と、気が強い女性に弱腰になってしまう男性もいるようです。思ったことをすぐに口に出してしまいがちな女性は、「にこやかに落ち着いて話す」だけでも言葉の印象が柔らかくなるので、実践してはいかがでしょう。

  • 【6】わがままばかり言いそうな「ギャル系の女性」

    「デート中、わがままばかりで疲れそう」(20代男性)というように、ギャル系の女性に男性は「振り回されそう」と怖気づくようです。イメージとは逆に、細やかな気遣いを見せると、そのギャップに男性はグラッとくるかもしれません。

  • 【7】いつも仕事が忙しそうな「キャリアウーマン」

    「いつ誘っても時間がなくて断られそう」(30代男性)というように、バリバリ仕事をしている女性は、デートに誘っても断られる確率が高いと思うようです。「忙しい」と言うのが口癖になっている女性は、男性が誘うのを遠慮しているかもしれないので注意しましょう。

  • 【8】話していても気まず過ぎる、目を合わせない女性

    「『嫌われてるな』としか思えない…」(20代男性)と、男性は目を合わせてくれない女性には敬遠されていると感じるようです。逆に、「よく目が合う子は、『オレのこと好きかも』ってドキドキする」(20代男性)という場合もあるので、片思い中の男性には、テレて目をそらすより、思い切って見つめたほうが有効かもしれません。

  • 【9】どんなときにも集団で動く「女同士で群れている女性」

    「女が団体でいると、正直怖い(笑)」(10代男性)と、いつも集団で動く女性に、男性は逃げ腰になるようです。気になる女性に話しかけたくても、周りを固める女性たちのうるさいガードを突破する勇気は出ないもの。たまにはひとりで行動するのもいいでしょう。

ほかにどんな「美人じゃないのに『デートに誘いづらい』と感じさせる女性」がいるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock