男性に逆チョコをおねだりする一言9パターン


バレンタインデーに、男性から女性に贈られる「逆チョコ」。チョコをあげるばかりではなく、男性から愛の告白とともに逆チョコをもらえたら、誰でもうれしいものです。そこで、今回は「オトメスゴレン」女性読者の声を参考に、「男性に逆チョコをおねだりする一言」を紹介します。

  • 【1】「チョコ欲しいなぁ」と、率直に伝える

    「ストレートに言えば、鈍感な男性でも気付くし、『じゃああげるよ』ってなるはず」(20代女性)というように、男性に直接伝えている女性は多いようです。また、「逆チョコが欲しい」と言うことで、遠まわしに好意を伝える手段にもなっているといえそうです

  • 【2】「男の子はチョコもらえていいなぁー」と、男性をうらやましがる

    「『じゃあ俺がプレゼントしてあげるよ』って、逆チョコをもらえたことがある」(20代女性)という経験談もあるように、男性側から「だったら俺がチョコあげようか?」と言ってもらえる一言だといえるかもしれません。

  • 【3】「あのお店のチョコ、食べたいな!」と、好みを伝える

    「自然に『じゃあプレゼントしてあげようかな』って思ってもらえる気がする」(30代女性)など、さりげなく好みを伝えることで、男性に準備をしてもらう効果を狙っているようです。お店は、男性でもわかるような定番の方が伝わりやすいでしょう。

  • 【4】「好きな人から逆チョコをもらえたらうれしいな!」と、憧れている話をする

    「これでもらえなかったら、男性が鈍感すぎるか脈なしかのどっちか」(30代女性)という意見にもあるように、男性に直接言うことで、「あなたからもらいたい」アピールになる一言といえそうです。告白するわけではないので、恥ずかしがり屋な女性でも使えるでしょう。

  • 【5】「別に、逆チョコが欲しいなんて、全然思っていないからね!」と、ツンデレ風な前振りをする

    「ノリのいい男性には、こういう前振りが効果的!」(20代女性)のように、軽いノリで使える一言といえるでしょう。真剣に言うと男性が真に受けてしまう恐れがあるので、言い方は若干ふざけ気味な方がよさそうです。

  • 【6】「最近、逆チョコをあげる男性もいるね」と、流行について話す

    「他の男性も逆チョコを贈っているという安心感から、やりやすくなると思う」(20代女性)というように、男性に安心感を与える効果を狙った一言です。もし、「へぇー」と流された場合、しつこく言うと逆効果になる可能性があるので注意しましょう。

  • 【7】「こんな男性ステキ」と、雑誌の逆チョコ特集などを見ながら言う

    男性は、女性の何気ない一言を気にしているようで、「職場で逆チョコ特集を見て話してたら、たくさん逆チョコをもらえた!」(20代女性)という経験談もあります。男性の近くで、女性同士で話してみるのもいいかもしれません。

  • 【8】「去年、友達が逆チョコもらったんだって」と、世間話をする

    「さりげなく『うらやましい』アピールをして、男性に気付いてもらう」(20代女性)のように、男性に「逆チョコを贈ってほしい」という思いに気付いてもらうための一言です。「いい彼氏だよねぇ」などと言えば、効果がより上がるのではないでしょうか。

  • 【9】「チョコあげる人も、くれる人もいないんだぁ」と、フリーであることを伝える

    「ちょっとした隙を見せれば、男性はアプローチとして逆チョコをくれるはず」(20代女性)など、特定の男性がいないことを伝えて、男性側からのアプローチを狙う一言です。気になる男性に言えば、自分に気があるかどうかも分かるでしょう。

「男性に逆チョコをおねだりする一言」には、ほかにどんなものがあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock