男性が「もらって困る」バレンタインのチョコレート8パターン


バレンタインのチョコレートは、男性にとってうれしいものだと思いますが、ときには「そうは言っても、困った…」といった状況もあるようです。せっかく渡したチョコレートで気まずい思いをしないために、今回は『スゴレン』の男性読者に聞いた「『もらって困る』バレンタインのチョコレート」についてまとめてご紹介します!

  • 【1】いかにも「手抜き」という雰囲気がただよう義理チョコ

    「麦チョコでもお返しは必要なのか?」(20代男性)など、「手抜き」感ただよう義理チョコへの対処に苦慮させてしまうケースです。「『本命』と誤解させないため、わざと安物に?」(20代男性)というように、深読みして不快に思う男性もいるので注意が必要です。

  • 【2】お返しをどうしたらいいのか悩むほど高級そうなチョコレート

    意外と多かったのは、「高級すぎるチョコも困る」(20代男性)という意見です。「ホワイトデーが面倒」(10代男性)、「お返しのレベルが高すぎても勘違いされそう」(30代男性)など、贅沢な悩みといってしまえばそれまでですが、かなり負担に思う男性もいるようです。

  • 【3】あまりよく知らない人から突然渡されたチョコレート

    「『ずっと見てました! 好きだったんです!』と見知らぬ女性からチョコを押し付けられてボーゼン…」(20代男性)というように、突然の告白はいたずらに男性を動揺させるおそれがあります。落ち着いて自己紹介するなど、順を追った説明を怠らないようにしましょう。

  • 【4】以前自分を振ったことのある女性からのチョコレート

    「前に交際を断わったくせに、気を持たせるようなことはやめてほしい」(10代男性)など、振られた相手からチョコを渡されたことのある男性は案外多いようです。チョコに深い意味はなかったとしても、相手の気持ちを振り回すような行為は控えたほうがいいでしょう。

  • 【5】それほど親しくない女性から渡された手作りチョコレート

    「顔見知り程度の女性からの手作りチョコは、『なぜ俺に?』とビビる」(20代男性)など、もともとの間柄によっては、男性に警戒される可能性があります。「手作りって怖い…」(10代男性)と思われても不本意なので、真意を伝えるなどの配慮はあったほうがよさそうです。

  • 【6】友達が片思いしている女性からのチョコレート

    「親友が片思いしている女子から告白されて弱った」(10代男性)など、友人の意中の女性からのチョコは、まじめな男性であるほど重く受け止めてしまうようです。こればかりは難しい問題ですが、誠意をもって向き合うことで、解決の糸口が見えてくるに違いありません。

  • 【7】彼氏がいる女性から「内緒だよ…」と手渡されたチョコレート

    「彼氏持ちの子がチョコをくれるだけで意味不明なのに、『内緒だよ』って…」(10代男性)など、女性の小悪魔的な行動がきっかけで「バレンタイン後、人間関係が崩壊」(20代男性)といった結果を招く場合もあるので、軽はずみなことはやめておいたほうがいいでしょう。

  • 【8】恋愛対象ではない女性からの手作りチョコレート

    「好きじゃない女の子からのチョコは困る」(20代男性)というのは、多くの男性に共通する意見です。「気持ちに応えられないのに、手作りチョコは重い」(10代男性)などと結果的に恋が実らなかったとしても、バレンタインに想いを伝えるというのはひとつの方法ではないでしょうか。

男性との関係によって、ほかにもさまざまな「もらって困る」と思われるチョコレートが考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock