デートのあと、男性が「お世辞抜きに楽しんでくれたな」と感じるお礼メール・LINE9パターン


デートのあとに届いたメールに「礼儀としてくれただけかも」と思う男性もいます。では心から楽しかったことを伝えるには、どんなメールがよいでしょうか。『スゴレン』男性読者に聞いた「デートのあと、男性が『お世辞抜きに楽しんでくれたな』と感じるお礼メール9パターン」を紹介します。

  • 【1】見送った直後に届くメール

    「相手のテンションの高さを感じる」(30代男性)というように、別れた直後に送られてくるメールに、男性は手ごたえを感じるようです。デート中に届いていた友達からのメールに返信するより、まずはデート相手にお礼メールをしたほうがいいかもしれません。

  • 【2】「今度は○○に行きたい」と、次のデートを期待させるメール

    「『また会いたい』ってことだし、次の約束もスムーズにできる」(10代男性)というように、次のデートの提案があると、男性は自信がわくようです。ただし、高級レストランなどお金のかかるプランだと、男性に引かれてしまう可能性があるので注意しましょう。

  • 【3】ハートの絵文字がたくさん入っているメール

    「ひとつだけなら『女の子だし…』と思うけど」(20代男性)と、ハートがたくさん入ったメールだと、男性は「女性の好意」を確信するようです。男性への恋心を言葉で表すのが恥ずかしい人は、ハートを多用すると気持ちが伝わるかもしれません。

  • 【4】「雑貨屋でカップを選んでいるとき…」など、どこが楽しかったか、具体的に書いてあるメール

    「俺が『楽しそう』と感じた部分と、メールの内容が一緒だと『お世辞じゃない』と嬉しくなる」(20代男性)と、内容が具体的なメールは信ぴょう性があるようです。ただの「楽しかった」より「どこで」「どんなことが」「なぜ」楽しかったかを意識して伝えるといいでしょう。

  • 【5】時間をかけて打ってくれたのがわかる長文のメール

    「やっぱり誠意を感じる」(30代男性)というように、長いメールに男性はキュンとするようです。とはいえ、もらうだけなら嬉しくても、長いメールを書くのが苦手な男性は多いもの。頑張って書いたメールに、あっさりした返事がきても怒らないようにしましょう。

  • 【6】「また会いたい」ではなく「もう会いたい」と書いてあるメール

    「『一瞬も離れていたくない』って言われてるようでドキッとする」(20代男性)というように、「もう会いたい」という言葉は、恋しい気持ちを伝えるようです。デート後、なるべく早くこの言葉を送ると想いの強さが通じるかもしれません。

  • 【7】名前で呼ばれていたのが、彼女が考えたあだ名に変わっているメール

    「グッと距離が縮んだ気がする」(10代男性)と、メールでの呼び方があだ名に変わると、男性は「仲が深まった」と嬉しくなるようです。すでに彼が友達に呼ばれているあだ名ではなく、「ふたりだけのあだ名」を考えると、親密度は大きく増すかもしれません。

  • 【8】「いろんな話題を知ってるよね」など、ほめ言葉が書かれているメール

    「ほめられると『俺のこと好き?』って思っちゃう」(20代男性)というように、ほめられると男性は「女性が満足してくれた」と安心なようです。「素敵なお店を知ってるね」などとおだてると、女性の期待に応えようと、次も頑張ってお店を探してくれるかもしれません。

  • 【9】「次はいつ会ってくれますか?」と、予定を聞いてくれるメール

    「こんなふうに聞かれたら、読んだ瞬間悶絶」(20代男性)というように、「会いたい」ではなく「会ってくれますか?」というしおらしい態度が、いつの時代も男心をくすぐるようです。ただし毎回のように低姿勢だと、男性が安心しきって調子に乗る危険もあります。

ほかにはどんな「デートのあと、男性が『お世辞抜きに楽しんでくれたな』と感じるお礼メール」があるでしょう。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock