男子が学生時代に妄想した告白シーン9パターン


人には「理想の告白」というものがあるものです。特に学生時代は、ドラマやマンガなどを見て、現実的ではないシチュエーションを夢見ることも…。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男子が学生時代に妄想した告白シーン」をご紹介します。

  • 【1】卒業式に後輩から「第二ボタンください!」と言われる

    「モテるタイプでもなかったくせに、卒業式の日は期待した(苦笑)」(20代男性)など、無意味に緊張して卒業式を迎える男性もいるようです。現在中高生の人は、「こんな告白時代遅れかも」と思わず第二ボタンをお願いすると、意外と感激する男性は多いでしょう。

  • 【2】試合の後、タオルを渡しながら「好きです!」と言われる

    「部活を頑張ってたから、実は毎回妄想してた」(20代男性)など、運動部に所属していた人が憧れるシチュエーションだといえそうです。好きな男性の試合の応援に行くときは、汗ふき用のタオルを忘れずに。勇気をもって告白してみましょう。

  • 【3】女友達に、別の女の子が待つ体育館裏に呼び出される

    「実際にこういう告白をされた男友達がいたから、次は自分の番かなと(笑)」(20代男性)など、現実的にも多い告白シチュエーションゆえに、夢見る男性も多いようです。女友達の助けを借りるのも、まだ若い女の子らしいやり方で、好印象なのかもしれません。

  • 【4】放課後、ふたりきりの教室で「好きです」と言われる

    「特に夕暮れどきだと最高!」(20代男性)など、人によっては具体的な時間帯まで思い浮かぶほど、王道の告白シチュエーションだといえそうです。就職している人は、ふたりきりで残業しているときなどに告白すると、同じような効果があるかもしれません。

  • 【5】家に電話がかかってきて、夜の公園で告白される

    「学校で会ってる子と外で会うってだけでドキドキ」(20代男性)など、緊張感が高まるところが逆にいいというケースです。携帯ではなく自宅に電話するのも時代を感じさせ、かつて学生だった男性にグッとくるのでしょう。現在学生でなくても、自宅暮らしの男性には使える手かもしれません。

  • 【6】下駄箱を開けたら、中にラブレターが入っている

    「白い封筒にハートのシール! いいなぁ」(20代男性)と、マンガでよく見るシーンだけに、人気の高いシチュエーションだといえそうです。メール全盛の時代ゆえに、今学生の人が実践すると、スペシャルな感じがするかもしれません。

  • 【7】外にいる自分に向かって、教室から大声で「好き」と言われる

    「ドラマで見て憧れた。実際されたら照れるけど」(20代男性)など、現実的ではないものの、妄想的には胸キュンな告白方法だといえそうです。さすがに人前でふられるのはリスキーなので、現在学生の人も勝算がある場合のみ、トライしてはいかがでしょうか。

  • 【8】バレンタインチョコに大きく「好き」と書いてある

    「こんな手作りチョコがほしい!」(20代男性)と、マンガチックなシチュエーションを妄想する人も多いようです。学生さんでなくても実践できることなので、社会人の人も挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 【9】転校する女子から「その前に言いたくて」と屋上で打ち明けられる

    「『転校』と『屋上』が学生っぽくていい!」(20代男性)など、学生時代を連想させるワードがカギなようです。屋上という非日常空間は、告白のドキドキ感を高めるのに効果的だといえます。社会人の人も、会社の屋上に相手を呼び出してみてはいかがでしょうか。

ほかにも「男子がこんな告白シーンを妄想していた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock