突然、「俺たち、別れたほうがいいのかも」と言い出す男性の本音9パターン


彼氏から別れをほのめかされたら、ショックで何も考えられなくなるかもしれません。しかし男性が別れを口にしても、それがストレートなホンネでない場合があるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「突然、『俺たち、別れたほうがいいのかも』と言い出す男性の本音」をご紹介します。

  • 【1】「これで悪いところを直してくれたら…」と相手の変化を願っている

    「彼女への不満を伝えるきっかけにしたい」と男性が思っているパターンです。「なんで?」と聞いたときに男性が具体的な問題点を語りだしたら、冷静に耳を傾け、問題について話し合うことが大切でしょう。

  • 【2】「本当は別れたくない!」と引き止めてもらいたがっている

    男性が二人の絆や彼女の愛情に自信を持てなくなってしまったパターンです。彼女のほうから「別れたくない!」「イヤ!」などとストレートに気持ちを伝えると、男性は気持ちを改めてより愛情深くなりそうです。

  • 【3】「素直に受け入れてくれないかな」と違う道を歩みたがっている

    男性が発言通りに別れを望んでいるパターンです。すんなり別れたいと思っている男性ほど、彼女が泣いたり騒いだりすることを避けるため、「自分が悪い」などと言いながらやさしく話を進めるようです。まずは落ち着いて話を聞いてみるしかないでしょう。

  • 【4】「ほかに気になる子がいるんだけど、でも…」と相手の反応をうかがっている

    気持ちのグラつきから、男性が彼女を別の女性と天秤にかけようとするパターンです。男性は拒絶の反応が激しいことで「こんなに好きでいてくれたんだ」と思い直すようなので、彼氏をつなぎとめたい場合は、なりふり構わず気持ちをぶつけてみるといいでしょう。

  • 【5】「俺はこの子のことをどう思ってるんだろう」と自分を試そうとしている

    彼女がいる状態が当たり前になって、男性が自分の気持ちを見失い、再確認しようとしているパターンです。「自分でも好きかわからない」などと男性が迷いを口にした場合は、お互いの気持ちを見つめ直すためにあえて一度距離を置くのもアリかもしれません。

  • 【6】「これでダメなら受け入れよう」とふんぎりをつけようとしている

    ダラダラと付き合っている状況に疑問を持った男性が、思いきって関係をリセットしようとしているパターンです。二人の交際について「何がいけないのか」をじっくり話し合うことができると、関係性が変わるかもしれません。

  • 【7】「もっと深く愛し合いたい!」とあえて危機に追い込もうとしている

    「前はもっとメールをくれたのに…」などのちょっとした不満を持つ男性が、安定した二人の関係に刺激を持ち込みたいと思っているパターンです。あえてすんなり別れを受け入れてみると、男性は慌ててフォローしだすかもしれません。

  • 【8】「自分のことを認めてほしい」と存在価値を訴えている

    自分に自信が持てない男性が彼女に構ってほしくてわがままを言うパターンです。取り乱すと男性が天狗になってしまう恐れもあるので、「私は好きなのにどうして?」と穏やかに話を聞くなど、相手をコントロールする意識が大切でしょう。

  • 【9】「自分といても彼女のためにならないのでは?」とあえて身を引こうとしている

    「彼女の夢の足かせになりたくない」など、男性が彼女を思って別れを切り出すパターンです。男性が勝手に出した答えに納得いかない場合でも、「一人で悩ませちゃってごめんね」と相手の立場を思いやることで、前向きに話し合うことができるでしょう。

ほかにも「突然、『俺たち、別れたほうがいいのかも』と言い出す男性の本音」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock