「この子、料理上手かも!」と期待させる「女の子の得意料理」9パターン


男性の前で「料理好き」をアピールする女性は少なくありません。しかし男性は「自称・料理好き」と「本当に料理がうまそうな女性」を、ひそかに見分けているようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『この子、料理上手かも!』と期待させる『女の子の得意料理』」をご紹介します。

  • 【1】和食作りの基本が身についていそうな「筑前煮」

    「水で戻す、炒める、煮る…など、いろいろ大変そう」(20代男性)というように、「筑前煮」には料理の基本がつまっているため、「料理をし慣れている」印象を与えるようです。「母親から受け継いだ味」であることを強調しても男性はグッとくるでしょう。

  • 【2】ふわふわ加減が難しそうな「だし巻き卵」

    「キレイに巻くのは難しいと思う」(10代男性)など、卵焼きをふわふわに仕上げることは、意外と「上級テク」だと思われているようです。「お弁当には必ずだし巻き卵を入れるんだ」と、上手に作れることをそれとなくアピールしてみるといいかもしれません。

  • 【3】手間も時間もかかって大変そうな「ビーフシチュー」

    「とろけそうな肉を作るには根気がないと…」(10代男性)というように、料理に時間をかけることをいとわない女性は、「上級者」だと認識されるようです。「時間をかけている分、愛情もたっぷり感じられそう」(20代男性)と期待する声もありました。

  • 【4】素材にひと工夫が必要だと思われる「サバの味噌煮」

    「魚を料理できるなんてすごい!」(20代男性)というように、ひと手間かかる魚料理を作り慣れていそうな女性は、「料理上手」な印象を与えるようです。「煮る前に熱湯をかけると臭みがとれるよ」などと、豆知識を披露すると感心されるでしょう。

  • 【5】形を崩さずに作ると感激される「ロールキャベツ」

    「キャベツをきれいに巻ける子は、手際がよさそう」(20代男性)というように、要領よく調理する姿を想像して「料理上手に違いない」と判断するパターンです。「お鍋にぎっしり詰めると崩れないよ」などとコツを語ると、男性の見る目が変わるかもしれません。

  • 【6】名前から漂う「ごちそう感」に圧倒される「煮込みハンバーグ」

    「ハンバーグに『煮込み』とつくだけで、一段と豪華な感じがする」(20代男性)と、特別感がある料理に憧れを抱く男性は多いようです。初めての家デートや二人の記念日に作ってみると、喜ばれるかもしれません。

  • 【7】男の手料理ではなかなか作らない「きんぴらごぼう」

    「こういうのがパパッとできる女の子っていいよね」(20代男性)など、男の手料理ではあまり作らないような一品をさっと整えられる女性は「おっ」と思われるようです。脇役のおかずをあえて「得意料理」に挙げることで、料理ができる男性にも一目置かれそうです。

  • 【8】カリッとおいしく揚げる秘訣を究めていそうな「唐揚げ」

    「焦げたり、生だったり、温度調節が難しそう」(20代男性)というように、「揚げ物」のハードルを高く感じる男性もいるようです。「単純に好きだから、上手に作ってくれるとうれしい」(20代男性)など、「好物」ゆえに興味津々の男性も少なくなさそうです。

  • 【9】「手作りのホワイトソース」に心ときめく「グラタン」

    「ホワイトソースから作るなんてシェフみたい」(20代男性)というように、「お店で食べるメニュー」のイメージから「グラタン」に胸を躍らせる男性は多いようです。「ちょっとこげ過ぎぐらいがおいしいよね」などと、家庭で作る味ならではの魅力を語るといいでしょう。

ほかにも男性に「料理上手っぽいね!」と言われたことがある「得意料理」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock