「こんな言葉なら、女性からでもOK!」という逆プロポーズ9パターン


彼女と結婚したいと思っていても、経済面での不安などから自信を持って「結婚してください」と言える男性が減っているようです。そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査を元に「『こんな言葉なら、女性からでもOK!』という逆プロポーズ9パターン」を紹介します。

  • 【1】素直な言葉がズキュンと胸を打つ「私をお嫁さんにしてください」

    「『結婚しよう』じゃなく『お嫁さんにしてください』っていうしおらしさがポイント」(20代男性)というように、素直でいじらしいプロポーズに男性はキュンとくるようです。少し照れながら伝えると、ますます「かわいい!」と思ってくれるでしょう。

  • 【2】仕事に失敗して悩んでいるときに救われた「私があなたを一生支えるから」

    「そばにいてくれるありがたさを痛感」(30代男性)というように、メンタルが弱っているときに支えてくれる女性とは、一生一緒にいたいと思うようです。仕事が忙しくなり責任も出てくる30代の男性にはグッとくるプロポーズかもしれません。

  • 【3】経済的不安も吹き飛ぶ「贅沢な生活なんていらない、あなたがいればいい」

    「結婚への一番の壁を壊してくれる言葉」(30代男性)と、生活への不安から男性が結婚をためらっている場合、「手鍋下げても一緒になりたい」という女性には胸を打たれるようです。「ひとりよりふたりで生活したほうがトータルでは安くなる」など、経済面のメリットを訴えてみてもよさそうです。

  • 【4】穏やかな幸せが続きそうな、散歩しながら「ずっと一緒にいたいな」

    「『こんな幸せが続くといいな』と思いそう」(30代男性)と、くつろいだ気分のときに逆プロポーズをされると、幸せな毎日を想像してしまうようです。家庭に「安らぎ」を求める男性は多いので、リラックスしているときを狙うといいかもしれません。

  • 【5】運命を感じてキュンとする「出会ったときから、『この人と結婚したい』って思ってた」

    「『ずっとそう思っててくれたんだ!』って感激する」(20代男性)というように、最初から結婚を意識していたことを伝えると、男性の心が動くようです。ただし、出会ったばかりだと、言葉が軽く聞こえるので注意しましょう。

  • 【6】愛の深さに胸を打たれる「あなたがおじいちゃんになっても、この気持ちが変わらない自信がある」

    「死ぬまで愛し合える関係が、やっぱり理想」(20代男性)と、永遠の愛を信じさせてくれる言葉をもらうと、男性は結婚を決意するようです。「将来ハゲたり太ったりしても、○○くんなら愛しい」などと言えば、ますます安心してくれるかもしれません。

  • 【7】旅先でキレイな景色を見ながら「毎年連れて来てくれる?」

    「男だってロマンティックなムードには弱い(笑)」(20代男性)というように、雰囲気を重視するという男性もいます。非日常的な気分に浸れる旅先で逆プロポーズすれば、そこが「ふたりの思い出の場所」に変わることもありそうです。

  • 【8】転勤が決まったとき、ちゅうちょなく言ってくれた「私も連れて行って!」

    「知らない土地で苦労させたら申し訳ない」(30代男性)と、転勤が決まっても、彼女を思って「一緒に来てほしい」と言えない男性は多いようです。男性が転勤することになったとき、結婚したいほどの相手なら迷わずに「連れて行って」と言ってみましょう。

  • 【9】男性が言われても嬉しい「私が幸せにしてあげる!」

    「幸せにしてもらうことばっかり考えている女性と結婚するより、幸せになれそう」(30代男性)というように、男性にも「幸せにしてほしい」願望があるようです。女性に経済力や自立心を求める男性も多いので、「幸せにして」と頼るばかりではダメかもしれません。

ほかにどんな「『こんな言葉なら、女性からでもOK!』という逆プロポーズ」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock