彼女の手作り弁当に入っていると嬉しい「おかず」9パターン


手作り弁当を渡されるだけで男性は感激するもの。その上、開けた瞬間に大好きなおかずが目に飛び込んできたら、さらにテンションは上がるでしょう。そこで『スゴレン』男性読者への調査を元に、男性の心と胃袋をつかめる「彼女の手作り弁当に入っていると嬉しい『おかず』9パターン」を紹介します。

  • 【1】ひと手間かかるからこそ愛を感じる「卵焼き」

    「意外と作るのが面倒だから」(20代男性)というように、自分のために早起きしてくれたことが想像できて男性は嬉しいようです。ただ卵焼きの味付けは、育った家庭によって、甘い卵焼きやだし巻きなど、意外と好みが分かれるものです。彼の好みを事前に聞くとよいでしょう。

  • 【2】「かわいい!」と男でも嬉しい「タコさんウィンナー」

    「『見た目もかわいくしたい』という女心にもグッとくる」(20代男性)と、女性ならではの感覚にときめくようです。タコさんウィンナーに感激してくれる男性なら、次はキャラ弁用の型抜きなどで、さらに難易度の高い「飾りおかず」に挑戦してはどうでしょう。

  • 【3】単純に大好きだからテンションが上がる「からあげ」

    「とにかく大好物」(20代男性)というように、からあげは年代を問わず男性から高い支持を集めるようです。冷めても柔らかくてジューシーなからあげの調理法をマスターすれば、「料理が上手な子だなぁ」と男心をくすぐることができるかもしれません。

  • 【4】健康を気づかう思いにキュンとする「野菜サラダ」

    「栄養バランスも考えてくれてるんだなって思う」(30代男性)というように、男性の体を気づかうやさしさに感動するようです。野菜嫌いの男性には、色とりどりの野菜を細かく刻んで卵でとじたりハムで包むなど、別の素材と組み合わせるといいかもしれません。

  • 【5】ひとつひとつに愛を込めた感じがする「おにぎり」

    「ただごはんを詰めるだけでも済むのに」(20代男性)と、わざわざおにぎりを握る手間をかけてくれたことに愛情を感じるようです。彼の好きな具がわからない場合は、数種類の小さなおにぎりをたくさん作ると、見た目も味もいろいろ楽しめていいかもしれません。

  • 【6】「ごちそう」の王道といえば「ハンバーグ」

    「白飯がいくらでもすすむ」(10代男性)というように、味付けの濃い肉料理は男性にとって主役級のメニューのようです。ハンバーグのほかにも、豚肉の生姜焼きやチンジャオロースなど、ごはんに合うこってりした肉料理を入れておけば外さないようです。

  • 【7】なぜだかワクワクする「そぼろごはん」

    「見た目もキレイだし、ただの白飯より豪華な気になる」(30代男性)と、2色のコントラストが美しいそぼろごはんは、開けた瞬間目を奪われるようです。米料理は、それだけで十分満足感があるので、おかずを手抜きしても男性は気にせず喜んでくれるでしょう。

  • 【8】家庭のぬくもりを感じる「煮物」

    「普段なかなか食べないので」(20代男性)というように、「家庭の味」の象徴である煮物に感激する男性が多いようです。忙しくて実家に帰る暇がないようなひとり暮らしの男性に作ってあげると、喜ばれるかもしれません。

  • 【9】やっぱり憧れる手作りの定番「肉じゃが」

    「これができると、料理上手って感じがする」(20代男性)というように、男性の間で肉じゃが神話は健在のようです。前の晩から煮込んでおいた、味がしっかりしみ込んだ肉じゃがを入れると「お嫁さんにしたい!」と感動してくれるかもしれません。

ほかにはどんな「彼女の手作り弁当に入っていると嬉しいおかず」があるでしょうか。みなさんからの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock