同席した男性が「ついていけない…」と引いてしまうガールズトーク9パターン


女性が多い場に少数の男性が同席しているとき、女性だけの感覚でいつものガールズトークを繰り広げると、男性に思い切り引かれてしまうようです。そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「同席した男性が『ついていけない…』と引いてしまうガールズトーク9パターン」をご紹介します。

  • 【1】次から次へと際限なく出てくる「彼氏への不満の話」

    「よくそこまでボロカスにいえるなぁ…」(20代男性)など、女性同士の話題の定番「彼氏への不満」も、男性にとっては耳を塞ぎたくなることが多いようです。どうしても話したければ「男性の意見はどうですか?」と男性心理を尋ねるチャンスとして活用するとよさそうです。

  • 【2】女性同士で競うように語る「過去に付き合った彼氏の話」

    「何を張り合ってるのかわからない」(10代男性)など、恋愛経験が豊富であることを声高に語ってしまいがちな「過去の彼氏話」も、男性からの冷ややかな視線を受けてしまいそうです。あとから周囲の男性の間で余計な噂が立ってしまうかもしれません。

  • 【3】相手に求めるルックスや年収などを語る「結婚の条件の話」

    「シビアすぎて泣きたくなる」(20代男性)など、高い条件を語りがちな「結婚」の話題も、女性同士のノリで本音を語ると男性を不愉快な思いにさせるようです。一方的な条件ではなく、「理想の家庭」など男女の共同作業について語ることで、発展性のある会話ができそうです。

  • 【4】できれば知りたくないワキ毛などの「ムダ毛処理の話」

    「自分が男と思われていない気がする」(20代男性)など、普段は見せる機会がない女性の一面である「ムダ毛処理話」は、男性にとって聞きたい話ではないようです。はしたない女性だと思われないためにも、避けたほうがよいでしょう。

  • 【5】ひたすらキャーキャー言い合う「男性アイドルの話」

    「ほぼ叫ぶだけで会話になってない」(10代男性)など、話題に出るだけで興奮してしまうアイドル話は、男性に理解不能だと思われてしまうようです。一般的な芸能界についてのよもやま話なら、全員で楽しく会話できそうです。

  • 【6】普段仲良さげな相手も対象になる「その場にいない人の噂話」

    「裏表がありすぎでしょ!」(20代男性)など、噂話が好きな女性は本音と建前を使い分けるものですが、男性からは「信用できない性格」と思われるようです。会話の範囲を目の前にいる人達に留めることで、不信感を抱かせないようにしたいものです。

  • 【7】身近な男性を例にあれこれダメ出しする「男性批評の話」

    「自分もこうやってネタにされてるんだな」(30代男性)など、女性同士の辛らつな男性批評は、批評される側の男性にとってはいい気分がしないようです。ただし、逆に「いいところを探す」というテーマで語るなら、男性にとっても有益な会話になりそうです。

  • 【8】男性にとっては生々しすぎる「女の子の日の話」

    「耳と口を閉ざすしかない」(20代男性)など、女性にとっては切実な生理の話題も、男性としてはひたすら黙りこむしかなくなるようです。生々しい話にならないよう、口に出さざるを得ないときもオブラートに包む配慮を忘れたくないものです。

  • 【9】あまりにも露骨すぎて反応に困る「過激な下ネタ話」

    「際どすぎて反応に困る」(20代男性)など、仮に下ネタ好きな男性であっても、女性が多い状況で楽しめる人は多くないようです。女性の下ネタは男性のそれとは方向性が異なるため、やはり男性がいる場の話題としてはそぐわないでしょう。

ほかにも、「同席した男性が『ついていけない…』と引いてしまうガールズトーク」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock