やば、好きになりそう…失恋話をする女性にグッとくる瞬間9パターン


クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が約3000名の女性にアンケートを行ったところ、約8割が「大失恋の経験がある」と答えました。胸の痛みを癒すために失恋話を聞いてもらったという方も少なくないのでは。実は、そんな失恋話を聞いて恋心を抱く男性がいることをご存じでしょうか。そこで今回は、具体的にどんな失恋話が胸に刺さるのか、男性の意見を集めてみました。

  • 【1】「初めて好きになった人だったのに…」と初めての恋だったと明かされたとき

    「初恋を失った辛さはわかるし、マジメさが伝わってくるから」(10代男性)というように、初恋を失った痛みと純粋さが伝わり、恋心がうずくようです。「辛いけど、次の恋も頑張る」など前向きなメッセージで話を締めくくると、より男性の心に響きそうです。

  • 【2】「たくさん手料理振る舞ったのに」と元カレに尽くしていた話をされたとき

    「今どき、尽くしてくれる女の子は貴重」(20代男性)というように、恋人を大切にする姿勢や思いやりが伝わってくるようです。「次に付き合う人にもいろいろしちゃうんだろうな…」などとつぶやくと、尽くされたい願望がある男性はあなたを特別な目で見るようになるでしょう。

  • 【3】「いずれ別れると思ってた」と目を赤くしながら強がる姿を見たとき

    「言葉とは裏腹に涙がポロリ…思わず抱きしめたくなる」(20代男性)というように、本当は弱いのに、無理して強がっている姿を見て恋に落ちる男性もいるようです。「強い女」と思われている人が見せる涙ほど、破壊力があるのかもしれません。

  • 【4】「信じてたのに、裏切るなんてひどい…」と元カレに一途だった話を聞いたとき

    「俺もそのくらい真剣に思われてみたいよ」(20代男性)というように、フラれたり浮気された経験がある男性は、一途な女性に惹かれやすいのかもしれません。同じように恋人に裏切られた経験がある男性を見つければ、すぐに意気投合できそうです。

  • 【5】「なんでフラれたんだろ…?」とわけがわからぬままフラれて落ち込む様子を見たとき

    「天然というか純粋というか、放っておけない」(30代男性)というように、男心がわからず混乱する様子をみて「なんとかしてあげたい」と思うようです。「私の何が悪かったんだろ?」など、元カレを責めず反省する姿を見せると、より愛おしく見えるかもしれません。

  • 【6】「メイクも服装も変えたのにー」と元カレ色に染まろうとした話を聞いたとき

    「好かれるために頑張った話を聞くと、すごく健気な子に感じる」(20代男性)というように、好きでいてもらうための努力を惜しまないところに惹かれる男性もいます。「もっとキレイになってやる」と今度は新しい恋をつかむための決意を語ると、好感を抱く男性が出てきそうです。

  • 【7】「もう誰も好きにならないからっ!」とぷりぷり怒る姿を見たとき

    「感情的になってもカワイイところにキュン…とする」(20代男性)というように、女の子のカワイイ怒り方に惚れるケースもあります。失恋話をしているうちに気持ちが高ぶっても、取り乱したり元カレに毒づいたりしなければ、可愛げがあると思ってもらえそうです。

  • 【8】「落ち込んでるヒマはないのだ!」とカラ元気を出していると気づいたとき

    「前向きに見える女の子ほど、傷は深いはず」(30代男性)というように、無理に元気を出そうとする姿を見て、思わず抱きしめたくなる男性もいます。その後、人目のつかないところで涙する様子を偶然目撃したりすると、男性はイチコロになってしまうでしょう。

  • 【9】「今日は飲むぞー!」とお酒を飲んで失恋の痛みを癒そうとしていると感じたとき

    「飲めない酒を無理して飲む姿を見たらもう…」(20代男性)というように、お酒を飲まずにはやっていられない様子を見て、胸が痛くなるようです。それほどお酒が強くない女の子の場合はとくに、「傷を癒してやりたい」という気持ちを強くするでしょう。

ほかには、どんな失恋話が男性の胸に刺さると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock