男性に軽く「拒絶」の意思を伝える「メールの件名」9パターン


アドレスを交換したものの、特に興味のない男性と仕方なくメールのやりとりをするようになった場合、多くの女性はどう対応しているのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「男性に軽く『拒絶』の意思を伝える『メールの件名』」をご紹介します。

  • 【1】本文がなく、「了解です」と用件を記した件名のみ

    「本文がないとやる気なさそうでしょ?」(30代女性)など、件名だけでやりとりをすませようとする、シンプルながらトゲのある返信です。ただし、男性に興味のなさだけでなく、悪意まで感じとられかねないので、しつこい相手などに限ったほうがいいかもしれません。

  • 【2】「Re:」をつけたままの返信

    「『Re: Re: Re: Re: Re:』って続いても気にしない」(10代女性)など、やる気のなさがストレートに反映される件名です。なかには興味のなさをアピールするために、わざわざ以前相手から来た古いメールに返信する形で連絡する人もいるようです。

  • 【3】「お疲れ様です」と他人行儀なあいさつ

    「わざと敬語にしています」(20代女性)など、丁寧な件名ながら距離を感じさせるパターンです。ウェブサービスの自動返信メールのように感情を表さず、内容も簡潔で事務的に済ませることがポイントでしょう。

  • 【4】「明日ですが」と本文の出だしをコピー

    「やむを得ずこちらから連絡するときに多い」(20代女性)など、自分からメールを送るときに、余計な時間をかけずに済む件名です。本文に同じ言葉が続く二度手間感も、男性の期待をしぼませるのに有効なのかもしれません。

  • 【5】件名なしの「無題」

    「無言のアピールです」(20代女性)など、やる気のなさを最もシンプルに表現できる手段です。「わざともとの件名を削除している」という作為を伝え、「拒絶」のニュアンスを強めるために、「無題」を用いる人が多いようです。

  • 【6】「◯◯の件」など事務的な表記

    「完全に仕事のイメージ」(20代女性)など、プライベートな印象を与えないことに徹した件名です。本文中にも「よろしくお願いします」といった硬めの表現を用いると、お仕事っぽさはさらに強まるでしょう。

  • 【7】「そうですね」という気持ちのこもらないあいづち

    「相手の提案や意見に対して返事をしなきゃいけないときに使う」(20代女性)など、感情の読み取れない書き方で距離を置くパターンです。ただし、それが奥ゆかしい女性という印象を与えてしまうこともあるので、注意が必要でしょう。

  • 【8】「(^?^)」と適当な顔文字だけ

    「とりあえず送っとこうって感じ」(10代女性)など、顔文字に愛想笑いのようなニュアンスを込めた件名です。ただし顔文字は、男性によっては特別な意味を持つと考えてしまうこともあるので、特に年上の男性に使うのは避けたほうがいいでしょう。

  • 【9】「ありかとうござおました」などの打ち間違い

    「どうでもいいから、そのまま送った」(20代女性)など、興味のなさから見直しや訂正をしなかったと、暗に伝える件名です。わざと間違えるのも面倒ですが、あえて素早く文字を打ち込んでみると、自然に打ち間違えてしまうはずです。

ほかにも「男性に軽く『拒絶』の意思を伝える『メールの件名』」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock