冷めてしまった彼氏の愛情を取り戻す「思い切った行動」9パターン


どんなにラブラブだったカップルでも、倦怠期を迎えることがあります。そんなとき、冷めてしまった彼氏の気持ちを取り戻すには、どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「冷めてしまった彼氏の愛情を取り戻す『思い切った行動』」をご紹介します。

  • 【1】何の記念日でもないのにプレゼントをする。

    「サプライズで喜ばせるのが一番!」(20代女性)など、いつもとは違う刺激を与えることで、マンネリ感を吹き飛ばす作戦です。何でもない普通の日も特別に感じさせることができれば、彼の愛情もよみがえるのではないでしょうか。

  • 【2】告白した思い出の場所でデートをする。

    「付き合いはじめた頃の気持ちを思い出してくれました」(20代女性)という報告もあり、思い出の場所に行くことで、出会った頃のときめきが戻ってくるケースもあるようです。当時の思い出話などをすると、さらに気持ちが盛り上がるかもしれません。

  • 【3】友達カップルとダブルデートをする。

    「仲良しカップルを見ると、いい刺激になる」(20代女性)など、他人が介入することで解決する問題もあるようです。ただし、シャイな彼氏だとその場自体がストレスになってしまう可能性があるので、注意しましょう。

  • 【4】メールや電話だけにして会わない期間を作る。

    「会って険悪になるくらいなら、一度距離を置くのも手」(20代女性)という意見もあり、あの手この手を尽くしてもうまくいかない場合は、冷却期間を作るという選択肢もアリかもしれません。ただし、彼氏が自然消滅を狙っている場合は逆効果なので、一週間程度の短期間にしましょう。

  • 【5】「好き」と声に出して伝える。

    「負の感情ばかり伝えてちゃダメ。愛を伝えなきゃ!」(20代女性)と、前向きに倦怠期を打破する作戦です。なれ合いでお互いの気持ちが見えなくなってしまっているときは、言葉で愛情を再確認するのがシンプルな方法かもしれません。

  • 【6】あえて「マンネリだね」と彼氏に言ってみる。

    「あえて言っちゃうと、あんまり大ごとじゃなくなる気がする」(20代女性)と考える女性もいます。自分ひとりで倦怠期と向き合うのは大変ですが、口に出すことで、ふたりの関係を見直すいいきっかけにもなります。彼氏と一緒に立ち向かうことができれば、倦怠期も絆を深めるチャンスと言えるかもしれません。

  • 【7】泊りがけの旅行に行き、一緒に新鮮な体験をする。

    「共通の初体験は効果てきめん!」(20代女性)という報告もあり、知らない土地への旅行は新鮮な体験を共有するのに一番手っ取り早い方法だといえるでしょう。計画を立てる段階からふたりで取り組めば、冷めてしまった関係も、徐々に温まっていくのではないでしょうか。

  • 【8】髪型やおシャレに気合いを入れて自分を磨く。

    「彼氏を振り向かせるには、まずは見た目から」(20代女性)という意見もあり、自分磨きに時間を使うのもひとつの手かもしれません。自分磨きに専念していれば、倦怠期のことばかり考えて気持ちが落ち込むこともなくなるでしょう。キレイになって、彼氏との関係も復活すれば、一石二鳥ではないでしょうか。

  • 【9】自分から手を握るなど、スキンシップを求める。

    「たまには女も攻めなきゃね」(20代女性)など、強気に倦怠期に打ち勝つ作戦です。原始的な方法ではありますが、お互いの肌のぬくもりは、愛情を再確認するのに最適ではないでしょうか。いつもよりセクシーな服装を選ぶだけでも、効果があるかもしれません。

ほかにも「こんな方法が倦怠期に効いた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock