「正直、しんどい」と密かに思っている彼女との約束9パターン


彼女とつき合ううえで、二人で約束事を決めたものの、「守れないかも…」と、後悔したことがある男性が多いようです。では、どんな約束事について、男性はしんどいと思うのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考に、「『正直、しんどい』と密かに思っている彼女との約束9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】おやすみ前のメールを必ずする

    「必ずしないといけない意味がわからない」(10代男性)と、日常のあいさつではあるけれども、わざわざメールをすることが面倒だとの意見が多く寄せられました。約束事にするのではなく、寝る前のやりとりの最後に「おやすみ」と添え合う程度なら、彼氏の負担が軽くなるでしょう。

  • 【2】一日一回、電話をかけなければいけない

    「仕事で疲れているときには早く眠りたい」(20代男性)というように、用事などがあるときはともかく、毎日となるとテンションが下がる男性も多いようです。彼氏の声を毎日聞きたいとは思いますが、義務にするのはやめたほうがよさそうです。

  • 【3】頻繁に男友達とお酒を飲みに行ってはいけない

    「毎週末、友達と飲みに行ってたら、彼女が怒って禁止された」(30代男性)と、男友達と飲みに行くことを彼女に制限され、ストレスがたまる男性もいるようです。全面禁止にするのではなく、週1はOKなど、彼氏のストレス発散の場を作るほうがいい関係を保てそうです。

  • 【4】メール、電話など、ほかの女性との交流禁止

    「仕事で連絡をとらなきゃいけない女性もいるのに…」(20代男性)と、浮気をするつもりなどないのに、彼女以外の女性との関わりを禁止されると、男性は苦痛だと感じるようです。禁止の反動で、彼氏の「女性と交流をしたい」願望が膨らむかもしれないので注意しましょう。

  • 【5】まわりにつき合っていることを隠す

    「自分が彼氏だと都合が悪いのかと思ってしまう…」(20代男性)と、多くの男性から戸惑いの声が寄せられました。仕事の都合などで隠さなければいけない理由があるのなら、明確に伝えたほうが、彼氏も不安にならずにつき合っていけそうです。

  • 【6】お互いに過去の恋愛は気にしない

    「念を押されると、余計に気になる」(30代男性)というように、「過去は気にしない」と約束させられると、二股・三股など、驚くような恋愛遍歴を持っているのでは…と男性にあらぬ疑いをかけられることもあるようです。彼氏に余計な心配をさせないためにも、過ぎた恋愛話をわざわざ持ち出さないほうがよさそうです。

  • 【7】「私が選んだ服しか着てこないで」といったファッションへの制限

    「センスを完全否定されているようでへこむ」(20代男性)と、自分がダサイと間接的に伝えられていることにショックを受ける男性が多いようです。彼氏のセンスを改善したいなら、「ファッション雑誌で研究してみたら?」など、アドバイスをする口調で指摘したほうが彼氏も頑張って改善してくれるでしょう。

  • 【8】記念日には必ず「サプライズ」なお祝いをしないといけない

    「毎回違うことを考えるのがしんどい」(20代男性)というように、サプライズを用意するのがつらいという男性の意見が多く聞かれました。「交際○か月祝い」といった記念日は期待せず、誕生日などの本当に特別なときだけ「お祝い、楽しみにしてるよ」と伝えると、彼氏も張り切ってくれるかもしれません。

  • 【9】二人で一緒に貯金することを強制される

    「結婚が決まっているわけでもないのに…」(20代男性)と、貯金を要求されることで、「結婚を考えなければいけないのか」とおびえてしまう男性もいるようです。二人でなにかを買う目的がない限りは、貯金はそれぞれ自主的にしたほうがいいでしょう。

ほかにも、彼氏に「この約束はつらい…」と言われた約束事があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock