男心を揺さぶる「メール・LINEの変化球」9パターン


男女のコミュニケーションにおいて重要度の高いメールやLINEのやり取りのなかには、普通とは違う内容や送り方の「変化球」的な工夫で、相手に強い印象を残すケースがあるようです。そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性の心を揺さぶる『メールの変化球』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】デートのお誘いメールの返信を、ワザと遅らせる

    「『何が悪かった!?』と悩んでいたところに届くOKメールは震えるほど嬉しい」(20代男性)など、デートの誘いに対する返事を焦らすと、男性の心は大いに揺さぶられるようです。ただし、もったいつけすぎて相手を怒らせないよう気をつける必要はあるでしょう。

  • 【2】普通の用件の文面に「相手の名前」を何度も入れる

    「自分の名前が繰り返されているとなぜか気になる」(30代男性)など、文面は普通のメールでも、相手の名前を繰り返し入れることで、男性はなんらかの意味を感じるようです。知りあったばかりの相手に使うと、恋愛を意識させる効果がありそうです。

  • 【3】返信のタイミングに緩急をつける

    「常に即レスが来るよりも、待たされる方がドキドキする」(20代男性)など、返信のタイミングに多少の緩急をつけることで、待っている男性の気持ちは揺さぶられるようです。また、相手の返信するペースにあわせるのも一つの方法といえそうです。

  • 【4】深夜の時間帯のメールに即レスする

    「深夜に送ったメールに即返信が来ると、親密な感じがする」(20代男性)など、寂しさを感じがちな深夜時間帯のメールにあえて即レスすると、男性は特別感を覚えるようです。ただし、習慣化しないように「次は早い時間にね」などとやんわり伝えるとよいでしょう。

  • 【5】感動した出来事など、突然の驚きをメールで報告する

    「それがどうしたの? と思いつつも、わざわざ教えてくれたことが嬉しい」(10代男性)など、驚きや感動などの新鮮な気持ちをメールで共有すると、男性は戸惑いつつも嬉しい気持ちになるようです。その場の写真を添えることで、臨場感が高まりそうです。

  • 【6】友達の恋の悩みについてメールで意見を聞く

    「とりあえず信頼されている気がする」(20代男性)など、デリケートな恋の悩みを相談することで、男性として信頼していることが相手に伝わりそうです。ただし、女友達のプライバシーに傷をつけることのないよう、匿名の友人として話をしたほうがよいでしょう。

  • 【7】メールアドレス変更の連絡に、個別の文章を添えて送る

    「わざわざ自分だけの文面で連絡してくれたと思うと、丁寧な感じがする」(20代男性)など、一括送信するのが一般的な「アドレス変更メール」を個別に送信することで、男性は誠実な印象を受けるようです。その流れでメールのやり取りが頻繁になるかもしれません。

  • 【8】メールで盛り上がった話題について「続きは会ったときね」と引っ張る

    「『会って話がしたい』ってこと?」(20代男性)など、メールで話題になった事柄について「続きは会ったときね」とあえて引っ張ることで、乗ってくる男性もいるようです。デートに誘ってくるかどうかで、自分が恋愛対象になっているか判断することもできそうです。

  • 【9】半年以上会っていない相手に、突然「何してる?」と近況を聞く

    「『俺のこと忘れてないんだ!』っていう気持ちでワクワクする」(20代男性)など、唐突に近況を尋ねるメールを送ることで、喜ぶ男性も多いようです。ただし、さほど親しくない男性には引かれてしまう可能性もあるので、相手を選ぶ必要はあるでしょう。

ほかにも「男性の心を揺さぶる『メール・LINEの変化球』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)