男性にドン引きされてしまう「待ち受け画面」9パターン


どんな画像を待ち受け画面に設定するかは、人それぞれ。ですが、画像によっては男性からの好感度がダウンしてしまうこともあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性にドン引きされてしまう『待ち受け画面』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】アイドルや韓流スターのセクシーショット

    「リアルじゃない男の写真って…」(20代男性)など、好意を持っていた男性ほど、引いてしまう待ち受け画面のようです。好きなアイドルの写真を身近に置いておきたい気持ちはわかりますが、待ち受け画面にはせず、部屋で一人楽しむ程度にしてはいかがでしょうか。

  • 【2】腐女子っぽいマンガやアニメのキャラクター

    「そういうの好きなんだ。趣味合わないかも」(20代男性)と、アニメなどがあまり好きでない男性には、受け入れられないこともあるようです。より多くの男性ウケを狙うなら、レアな趣味に走った画像を待ち受け画面にするのはやめたほうがいいでしょう。

  • 【3】「恋愛運をアップさせる」と話題の画像

    「なんか必死な感じでイヤだな」(20代男性)と、苦笑する男性もいます。スピリチュアルなことに理解のある男性はあまり多くないため、「そんなものにすがっちゃって…」と、哀れに思うのかもしれません。男性はあまり知らない、レアな恋愛運アップ画像に変えてはいかがでしょうか。

  • 【4】自分撮りしたキメ顔

    「えっ、ナルシストだったの!?」(20代男性)と、動揺を隠せない男性もいます。かわいく撮れた奇跡の一枚を大切にする気持ちはわかりますが、他人からは変に見えても仕方がありません。「かわいくない?」と自分からネタにするくらいの気概を持ちましょう。

  • 【5】動物などのやたらファンシーなイラスト

    「年を考えたほうがいいんじゃ…」(20代男性)など、ある程度の年齢の女性が待ち受け画面にしていると、首をひねる男性もいるようです。女性のキャラクターによっては、年齢に関係なく受け入れられる可能性もあるので、仲の良い男友達に判定してもらうといいでしょう。

  • 【6】高級ブランドのロゴ画像

    「なんかミーハーな感じだな」(20代男性)と、ブランド物自体に興味がない男性には、悪趣味だと思われてしまうようです。ブランドの力で携帯電話の価値を高めようとしているようで、滑稽に見えるのでしょう。ロゴを身に付けたいなら、ブランドの携帯電話ケースを買ってはいかがでしょうか。

  • 【7】女友達とのドアップの変顔

    「わざわざ待ち受け画面にしなくても…反応に困る」(20代男性)と、男性を困惑させてしまうこともあるようです。笑ってほしいのであれば、自分から積極的に見せるなどして、ウケ狙いであることをアピールしましょう。

  • 【8】かなり前に別れた元カレの写真

    「未練ありすぎだよ(苦笑)」(20代男性)と、呆れ顔の男性もいます。彼氏の写真であればほほえましくもありますが、元カレとなると微妙な心境になるのでしょう。次の恋のチャンスを逃すことにもなりかねないので、この機に待ち受け画面を変えてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】「カレンダーと時計」など、買ったときのまま

    「味気ないなー。女子力低そう」(20代男性)など、デフォルト設定で使い続けていると、無機質な印象を与えてしまうようです。機械に疎いだけなら、男性の力を借りて、かわいらしい待ち受け画面を設定するといいでしょう。

ほかにも「こんな待ち受け画面でドン引きされた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock