職場で仲のいい「後輩男子」と恋愛モードになるきっかけ9パターン


職場の後輩男性との「先輩/後輩」という仕事上の関係性は、仲が良くなっても変えることはむずかしいものですが、ちょっとしたきっかけで先輩女性を意識してしまう男性もいるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「職場で仲のいい『後輩男子』と恋愛モードになるきっかけ」をご紹介します。

  • 【1】仕事以外の時間になると、態度や話し方が少しだけ子供っぽくなる

    「気を緩めて本来の姿を見せてくれていると感じる」(20代男性)など、気の張らないオフの表情に女性としての魅力を感じる後輩男性は多いようです。ただし、無理に演じると「痛い人」になりかねないので、あくまで軽く気を抜くレベルにとどめましょう。

  • 【2】「話していると楽しいね」と、仕事はともかく、好意的な態度を示す

    「なんか急に距離が縮まったように感じた」(20代男性)など、仕事についてはさておき、相性の良さを言及することで、「気になる女性」という印象に変わる場合があるようです。「ネクタイのセンスいいね」というように、見た目に対する褒め言葉も、意識してもらえるきっかけになるでしょう。

  • 【3】「悪いけど、お願いできないかな?」と、申し訳なさそうに頼み事をする

    「普段なんでも一人でやっちゃうような人ほどギャップにグッとくる」(20代男性)など、「デキる先輩」から頼りにされることで、「自分は特別な存在!?」と感じてしまう後輩男性もいるようです。重要度の高い頼み事ほど、特別感は増すでしょう。

  • 【4】「また寝グセついてるよ!」と、ちょくちょくからかう

    「自分のことを気にしてくれているみたい」(20代男性)など、ちょっとした「いじり」に立場を越えた愛情を感じる後輩男性もいるようです。襟元やネクタイをちょっと直してあげるといったさりげない世話焼きも男ゴコロをくすぐるでしょう。

  • 【5】小さな声で「どうしたらいいと思う?」と耳打ちする

    「二人で秘密を共有した気分になる」(20代男性)など、ささいなことでも耳元でささやくと、後輩男性は「ナイショの相談」のように感じてドキドキしてしまうようです。普段、ハキハキと話す人ほど、ささやき声は男性をドキッとさせるでしょう。

  • 【6】「もー疲れた、癒して!」と、グチっぽく甘える

    「甘えられると、つい脈がありそうに感じる」(30代男性)といったように、男性としての「頼りにされたい願望」を刺激できるようです。「帰りに一杯おごってー」とあえてワガママを言って後輩男性を困らせてみるのもいいでしょう。

  • 【7】「ちょっと困ったことがあって…」と、プライベートな悩みを打ち明ける

    「対等に見てもらえているのかな、と思う」(20代男性)など、悩みを持ちかけられることで「男として認められた」と感じる後輩男性もいるようです。「仕事に関する深刻な相談」だと荷が重すぎる恐れがあるので、「友人関係の悩み」など、後輩男性でも張り切ってアドバイスできるような内容にしておいたほうがいいでしょう。

  • 【8】手が触れたり、肩がぶつかったりすると、急に照れたリアクションをする

    「急に『女の子』な面を見てドキッとする」(20代男性)など、ふと垣間見えるウブな姿に感情を揺さぶられる男性は多いようです。「指にキャラクターもののばんそうこうをつけている」といったことでも「意外な女の子らしさ」を印象付けることができそうです。

  • 【9】「なんか悩みとかないの?」と、自ら相談にのる姿勢を見せる

    「面倒をわざわざ引き受けてくれるってことは…」(20代男性)と、積極的に世話を焼くことで、後輩男性は単なる「先輩/後輩」にとどまらない関係を想像してしまうようです。悩みはないと言われたら、逆に自分が相談してしまうのもアリでしょう。

ほかにも「職場で仲のいい『後輩男子』と恋愛モードになるきっかけ」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)