飲み会で記憶を無くした翌日、再会した男性に「かわいい」と思わせるリアクション9パターン


年末年始はお酒を飲む機会が増えるもの。クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が約3000名の女性にアンケートを行ったところ、約4割が「お酒で失敗した経験がある」と答えました。もし、気になる男性の前で記憶をなくし、迷惑をかけてしまったとしたら、次の日どんな顔で再会すれば「可愛げがある」と思ってもらえるのでしょうか。その場を乗り切るアイディアを集めてみました。

  • 【1】「記憶が飛ぶくらいテンション上がっちゃって」と楽しかったせいにする

    「楽しくて飲みすぎちゃうなら可愛いでしょ」(20代女性)というように、記憶を失ったのは、心から楽しんだ結果であると言えば悪印象を与えずにすむでしょう。ただし、「悪ノリ」をしていた可能性もあるので、「迷惑かけてなかった?」と先に一言入れておくと安心です。

  • 【2】「キス魔になって○○君に迫ってなかった?」と男性をドキッとさせる

    「キス魔だって好きな人にしかキスしないし」(20代女性)というように、キスしたい対象だとそれとなくアピールしてみるのもいいかもしれません。カンがいい男性なら、あなたからの好意を感じてドキッとするでしょう。

  • 【3】「本っ当にごめんなさいっ!」と頭をペコッと下げながら謝る

    「酔った姿を本当の私だと思われたくない」(20代女性)というように、けなげな感じを醸し出しつつ謝れば、悪印象を払しょくできるでしょう。お酒を飲みすぎると酒乱気味になる方は、気持ちを込めて男性に謝り、汚名返上をしたいところです。

  • 【4】「お酒に弱くて昨日のこと、まったく何にも覚えてないんだ…」とか弱い女をアピールする

    「記憶を失ったことがない人は興味津津」(20代女性)というように、記憶喪失ぶりをアピールするのもいいかもしれません。お酒に強い男性やまったく飲めない男性は、そもそもお酒で記憶を無くしたことがないので、とくに心配してくれるでしょう。

  • 【5】笑いながら「昨日は飲みすぎちゃった!」と明るく話しかける

    「笑わせちゃえばOK」(30代女性)というように、記憶を無くしたことを笑い話にしてしまうというのもいいでしょう。「すごく楽しかったから、夢のなかでもまだあなたと飲んでたよ!」など、笑って話せるエピソードをいくつか披露すれば、楽しく飲める人というイメージを抱かせることができそうです。

  • 【6】「○○君には、あんな姿見せたくなかったんだけど」とそれとなく好意をアピールする

    「リバースしたときは、特にね…」(20代女性)というように、お酒の場で見せた醜態を悔しがることで、それとなく好意に気づかせるという女性もいます。男性が心配するくらい落ち込む様子を見せれば、やさしい言葉をかけてもらえるでしょう。

  • 【7】「○○君がお酒をすすめるからいけないんだからねっ!」と冗談っぽく男性を責める

    「○○君は特別扱いだと気づかせたい」(20代女性)というように、男性のせいで飲みすぎたと言いわけする人もいます。男性は飲ませすぎたことに負い目を感じつつも、お酒を断らなかったあなたを特別視するようになるかもしれません。

  • 【8】「昨日はゴメンね。ホンット恥ずかしい…」と男性の前で思いっきり照れる

    「普段は違うんだとアピールしたいから」(20代女性)というように、記憶を無くしたことを心から恥じる姿を見せれば、「悪酔いする女」というレッテルを貼られずに済みそうです。「恥じらいがある女性」ということでイメージダウンも避けられるかもしれません。

  • 【9】「昨日は疲れてて、思ったより早く酔っちゃった」と特別だったことをアピールする

    「毎回記憶を無くす女とは飲みたくないでしょ」(20代女性)というように、体調などを理由に酔いが早く回ったと言えば、普段はしおらしく飲んでいることをアピールできます。「次は楽しく飲みたいね」と言えば、飲み会に誘ってもらえるでしょう。

「飲み会で記憶を無くした翌日、再会した男性に『かわいい』と思わせるリアクション」には、ほかにどんなものが考えられそうですか? みなさんのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock