男性が見落としがちな、彼女からの「遠回しのプロポーズ」9パターン


勢いとタイミングが重要などと言われる「結婚」。ターニングポイントを逃すと結婚が遠ざかりそうなので、注意したいところです。そこで今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に、「男性が見落としがちな、彼女からの『遠回しのプロポーズ』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「私1人っ子だから、子供は2人欲しいな」

    「単なる子ども好きという意味ではなかったのか…」(20代男性)など、将来設計を感じさせる発言を聞き落としてしまったパターンです。子どもの人数、育てかたなど、結婚後の生活を想像させる発言は真剣にとらえるようにしましょう。

  • 【2】「◯◯くんのお母さんに会ってみたいなぁ」

    「こう言われたのに実家に連れてかなかったらフラれました…」(20代男性)など、女の子の結婚への意思を軽んじてしまったパターンです。恋人の両親との対面を希望するのは、女の子が結婚の覚悟を決めた証。お母さん(お父さん)に会いたいと言われた場合は、速やかなセッティングを心がけましょう。

  • 【3】「私、お弁当作るの得意だから、毎日でも作れちゃうよ」

    「『毎日でも』ってのがポイントだったのかと」(20代男性)など、結婚を意識した一言に気づかなかったパターンです。「毎日」「毎晩」「10年後」など時を表す言葉は、将来の結婚生活を意識した発言ととらえたほうがよさそうです。

  • 【4】「故郷の会社も受けてるの? 私どこにでもついてくよ」

    「今思えば、あれは完全にプロポーズだった…」(30代男性)など、結婚を望む女の子の一途な思いを汲み取れなかったパターンです。「三十近くになると女性は現実的になるから、こんなこと言ってくれなくなります(苦笑)」(30代男性)という意見もあるので、女の子の若さから来る思い切った決断は、決して逃さないようにしましょう。

  • 【5】「誕生日プレゼントは指輪がいいな!」

    「もうすぐ婚約することを周りにアピールしたかったんだと思うけど、結局買ってあげなかった」(20代男性)など、結婚を積極的に進めようとする女の子の気持ちに応えられなかったパターンです。指輪は結婚を象徴するアイテム。求められたら、彼女が結婚を真剣に考えていると察しましょう。

  • 【6】「もうあなた以上の人には出会えないよ」

    「彼女がこんなことを言ってくれるうちに結婚すべきだった」(20代男性)など、愛情がピークに達しているときに、動かなかったパターンです。恋人同士の愛情のバランスは時と場合によって変動するもの。女の子の愛情が高まっているときに結婚を決断しないと、あとで後悔することになるかもしれません。

  • 【7】「いま実家暮らしでしょ!?  このまま家庭持ったら一生ひとり暮らしできないね(笑)」

    「当時ピンと来なかったけど、これ、『実家出るときは私と結婚するとき』って意味だったんですね…」(20代男性)など、女の子の遠回しのアピールに気づかなかったパターンです。女の子の発言の真意が分からなかった場合は、「それって、どういう意味?」と聞き返すようにしましょう。

  • 【8】「貯金してる? まだなら今から始めよう」

    「そんなの個人的な問題だからほっといてくれと思ってしまった…」(20代男性)など、女の子の発言の意図をうまく汲み取れなかったパターンです。結婚にはお金が付きもの。貯金について聞かれた場合は、女の子が結婚を意識しているために、お金の心配をしているということを察しましょう。

  • 【9】「結婚式場って広い庭園があって素敵だから遊びに行こうよ」

    「絶対に楽しくないし、強引に結婚に持ち込まれると思って断ってしまった」(30代男性)など、結婚を焦りたくないという気持ちから結婚を遠ざけてしまったパターンです。不安ばかり想像しても、結婚は冷静に検討できません。あとで後悔しないためにも、結婚に迷いを感じたときには、前向きに行動に移してみるのはいかがでしょうか。

このほかに「男性が見落としがちな、彼女からの『遠回しのプロポーズ』」はありますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock