男性が「付き合いたくない」と思う年上女性の特徴9パターン


年齢に関係なく、魅力的な女性はいるものです。とはいえ、年上女性にありがちなポイントが、男性に「恋愛対象外」と思わせてしまう場合も…。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性が『付き合いたくない』と思う年上女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】話のネタがあまりにも古い。

    「早い段階でジェネレーションギャップを感じると恋心が芽生えない」(20代男性)など、知り合ってすぐに年齢差を感じさせてしまうと、恋愛感情を抱けなくなる男性もいるようです。年下男性の話題に合わせる必要はありませんが、あまりに古いギャグなどは避けましょう。

  • 【2】常に上から目線で偉そうに話をする。

    「『最近の若い子は…』とか言われると、もうムリ」(20代男性)など、バッサリ切り捨てる男性もいます。上から目線で話をすると、恋どころか好意すら持ってもらえなくなるので、年下をバカにしたような態度をとるのはやめましょう。

  • 【3】年齢の割に子どもっぽい考え方をする。

    「年上なら尊敬できるような存在でいてほしい」(20代男性)と考える男性にとって、年齢相応の大人っぽさを兼ね備えていない女性は、あまり魅力的に映らないようです。食べ物のことでムキになるなど、子どもっぽすぎる行いは避けたほうがいいでしょう。

  • 【4】太刀打ちできないほど恋愛経験が豊富である。

    「あんなにヘビーな恋愛経験がある人とはちょっと…」(20代男性)など、過去の恋愛経験のせいで男性に尻込みされてしまうこともあるようです。恋愛経験は、自ら語らなければあまり悟られるものではないので、あまり話さないほうが無難でしょう。

  • 【5】一人暮らしが長いのに家事全般が苦手である。

    「『今まで何してきたの?』って感じ(苦笑)」(20代男性)など、一人暮らしが長ければできて当たり前な家事もできないと、男性に呆れられてしまうようです。「ズボラな女」というレッテルを貼られかねないので、家事に苦手意識のある人は、早めに克服する努力をしましょう。

  • 【6】自分のことを「おばさん」だと思っている。

    「おばさんだからって色々諦めているような人とは恋愛したくない」(20代男性)など、自分のことを「おばさんだから」という言い訳で甘やかしている女性に、男性は恋心を抱かないようです。年齢相応の美しさや知識を手に入れる努力は、怠らないようにしましょう。

  • 【7】年下の男性を子ども扱いする。

    「明らかに子ども扱いされると、こっちもそういう目で見られない」(20代男性)など、男性を子ども扱いすることで、恋愛のチャンスが逃げていってしまうこともあるようです。「高校生みたいなことするね」などとからかわず、一人の大人の男性として接するよう心がけましょう。

  • 【8】頑固で自分の価値観や習慣を変えない。

    「自分の世界が構築され切っている人とは、ちょっとね…」(20代男性)など、かたくなに自分のスタイルを貫こうとすると、男性も一緒にやっていく自信を失ってしまうようです。ある程度の年齢になれば、自分のスタイルがあるのは当たり前ですが、相手の意見も取り入れる柔軟性だけは失わないようにしましょう。

  • 【9】明らかに結婚を焦っている。

    「結婚願望が強すぎると、年齢のこともあるしプレッシャーです」(20代男性)など、「すぐにでも結婚したい」と考えている女性とは、恋愛に発展させる踏ん切りがなかなかつかない男性もいるようです。内心結婚を焦っていても、口に出すのはやめたほうがいいでしょう。

ほかにも「年下男性にこんなポイントで恋愛対象外だと思われてしまった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock