「もう別れたい!」と考えている彼氏が見せるサイン9パターン


付き合っているふたりにも、心変わりが訪れることがあります。でも、早めに彼氏の心境の変化を察知することができれば、関係修復のきっかけがつかめるかもしれません。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査を参考に「『もう別れたい!』と考えている彼氏が見せるサイン」をご紹介します。

  • 【1】メールの返信が「そうなんだ」など素っ気ない

    「相手のことが面倒くさくなると、ついいい加減な返事をしてしまう」(20代男性)というように、メールの返信のテンションは、彼氏の気持ちをはかるいい材料になりそうです。素っ気ない返信が増えてきたら、思い出の場所でデートをするなど、新鮮な気持ちを取り戻す努力をしましょう。

  • 【2】彼女との約束より仕事や男友達を優先する

    「会うのがおっくうで、ほかの約束に逃げちゃうかも」(20代男性)というように、以前に比べてほかの約束の優先度が上がってきたら、注意が必要かもしれません。ただし、本当に仕事が忙しい場合もあるので、決めつけはせず、まずはいたわりの言葉をかけてあげましょう。

  • 【3】クリスマスなど大きなイベントを無視する

    「別れそうな彼女とは、新しい思い出を作りたくない」(20代男性)というように、ストレートすぎる本音を抱える男性もいるようです。彼氏がイベントに乗り気でないことに気づいたら、愛情を取り戻せるよう手料理でもてなすなどして、気分を盛り上げてみましょう。

  • 【4】自分からほとんど電話をかけない

    「極力連絡は取りたくないから、電話の回数は減ると思う」(20代男性)など、彼氏からほとんど電話がない状況は危険信号と言えそうです。そのままにしておくと自然消滅しかねないので、自分から電話をかけ、彼氏がもっと話したいと思うような楽しい話題を提供しましょう。

  • 【5】ケンカになったとき謝らない

    「なんならケンカ別れになってもいいとさえ思ってしまう」(20代男性)というように、彼女に対する優しい気持ちが薄れたために、わざと冷たい態度をとる男性もいます。こんなときこそ、「女の武器」である涙を使って、同情を誘うのもひとつの手かもしれません。

  • 【6】デートのドタキャンが増える

    「デートが楽しくないから、どうでもいい理由でドタキャンしてしまう」(20代男性)というように、気持ちが離れるといい加減な態度をとる男性が増えるようです。「楽しみにしてたのにな」などとかわいくすねて見せ、彼氏が「優しくしなきゃ」と改心するよう仕向けてはどうでしょうか。

  • 【7】彼女が男友達と遊ぶことを嫌がらない

    「女として興味がないから嫉妬心もわかない」(20代男性)など、キツーイ声も届いています。大好きな彼女なら、男友達との仲良さげな様子に対して良い感情は抱かないはずです。彼氏があまりに男友達との関係に寛容な場合、あなたへの愛情を疑ったほうがいいかもしれません。

  • 【8】キスなどのスキンシップが減る

    「正直、触れたい衝動がなくなってしまう」(20代男性)など、一般的に女性に比べて性欲が強いと思われる男性でも、愛情の薄れた相手とはあまり触れ合いたくないようです。とはいえ、スキンシップが愛情回復のきっかけになることもあります。うっとうしいと思われない程度に自分から誘ってみてもいいでしょう。

  • 【9】彼女の髪型や服装の変化に無関心になる

    「キレイだとかかわいいとか思わないから、どうでもいい」(20代男性)など、髪型や服装に頓着しなくなるのは、愛情の危機のサインだといえそうです。「あなたのためにキレイになる努力をしている」と、けなげなところをアピールしてみるといいかもしれません。

ほかにも「これが別れのサイン」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock