男性が気になる女性に対して「裏切られた!」とガッカリする瞬間9パターン


男性が好意を寄せる相手に対して幻滅を覚えるのは、「自分の存在が特別ではないのかも」と感じたときのようです。では、せっかくいい感じになった男性に誤解を与えてしまうのはどんなときなのでしょうか。今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性が気になる女性に対して『裏切られた!』とガッカリする瞬間」をご紹介します。

  • 【1】メールを送っても反応が悪かったとき

    「好意があるならすぐに返してくれるはず…」(10代男性)など、メールを待っている間にネガティブな想像をしてしまうようです。特に、メールの返信を保留したままSNSへどうでもいい内容の投稿をしていたりすると、男性が見てガックリくる可能性が高いので注意しましょう。

  • 【2】自分と同じくらいメールのやりとりをする男性がほかにもいると知ったとき

    「俺だけじゃないんだ、と落ち込む」(20代男性)など、親しげなメールのやりとりが特別なことではなかったという事実が、男性を傷つけることもあるようです。気になる男性へのメールでは、ハートの絵文字を多用するなど「好意」を匂わせる工夫が必要かもしれません。

  • 【3】ほかの男友達との会話がやけに盛り上がっているのを見たとき

    「自分といても楽しくないのかも…」(20代男性)など、好意を寄せる女性がほかの男性に向ける笑顔を見て自信をなくす男性もいるようです。気になる男性がスネてしまわないよう、「さっき聞いたんだけど…」と盛り上がった話題について耳打ちしてみるといいでしょう。

  • 【4】カラオケや飲み会で、自分以外の男性の隣に座ったとき

    「独りよがりだったんだと、悲しくなる」(20代男性)など、意中の女性が自分の隣に座るものだと期待していた男性が、座席の距離から心の距離を感じてしまうこともあるようです。男ゴコロを翻弄しすぎて相手を興ざめさせないよう、注意が必要でしょう。

  • 【5】一緒にいるメンバーによって、自分に対する態度が違ったとき

    「なんだかもてあそばれている気分になる」(20代男性)など、態度がころころ変わる女性に対して、男性は振り回されていると感じてしまうようです。男性に「ないがしろにされている」と感じさせないためには、マメに話しかけることが大切でしょう。

  • 【6】二人で合う約束をしたのに、友達を連れて来られたとき

    「『イヤなの?』って思う」(10代男性)など、たいていの男性は、二人きりの状況を避けるために友達を連れてきたと考えるようです。一人では心細くてつい友達に頼りたくなってしまっても、関係を発展させたいなら二人で会う道を選んだほうがいいでしょう。

  • 【7】ほかの男性と二人で出かけていたことを知ったとき

    「自分の気持ちを知っての行動だと思うと、信用できなくなる」(20代男性)など、裏切り行為と考える男性は少なくないようです。気になる男性がいるなら、よっぽど仲のいい友達でないかぎり、二人きりでほかの男性と会うのは避けたほうがいいのかもしれません。

  • 【8】自分の友達のことをちょっとでも悪く言われたとき

    「単純に感じ悪いな、って思っちゃう」(20代男性)など、本人がどんなつもりであろうと、友達の悪口をよく思わない男性は多いようです。友達に関する話題は「あの人おもしろい人だね」と、相手の男性がスネない程度に褒めるのが無難でしょう。

  • 【9】元カレと連絡をとっていることを知ったとき

    「(相手の女性は)寂しいだけなのかも」(20代男性)など、元カレの存在によって、男性は自分がその場しのぎの存在だと感じてしまうようです。新たな相手と次のステップへ進むには、元カレへの未練を感じさせないような努力が必要かもしれません。

ほかにも「男性が気になる女性に対して『裏切られた!』とガッカリする瞬間」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock