仕事一筋な男性に「結婚」を意識させる一言9パターン


「彼が仕事熱心すぎて、まったく結婚を意識してくれない…」と、悩んでいる女性も多いかもしれません。仕事人間に「結婚」を意識させる方法があれば、知りたいものです。というわけで、『オトメスゴレン』女性読者に「仕事一筋な男性に『結婚』を意識させる一言」を聞いてみました。

  • 【1】「仕事忙しいけど、体調管理とか大丈夫なの?」と、「妻」の必要性を匂わす

    「仕事を頑張るために、人生のパートナーが欲しいと思わせる」(30代女性)というように、支えとなる妻の必要性を訴え、彼に結婚を考えさせる一言と言えそうです。彼が体調を崩したときに言うと、男性も「1人より2人のほうが安心だな」と思うでしょう。

  • 【2】「私が毎朝起こしてあげたら遅刻しないね」と、自分と一緒に暮らすことを勧める

    「『一緒に暮らせばラクできる』って気づかせる」(20代女性)と、彼のストレスを軽減できるよさを話し、2人での生活を考えさせる女性もいます。「毎日洗濯するよ」など、彼が苦手な家事を受け持つことを伝えてもいいでしょう。

  • 【3】「家族を持つと出世するらしいよ」と、家庭を持つメリットを伝える

    「『家族ができると仕事に張り合いが出るって友達の旦那さんが言ってたよ』と、既婚者の言葉を借りる」(20代女性)というように、結婚が仕事にいい影響を与えることを男性の耳に入れる女性もいるようです。「○○さんは内助の功があったから昇進できた」など、具体例を出すのもありでしょう。

  • 【4】「一緒に住んでれば、遅くてもご飯作って待ってるのに」と、料理で釣る

    「毎日クタクタで帰ってきたときの手料理に、彼は惹かれるはず!」(30代女性)と、手料理を引き合いに出して、彼を結婚に引き寄せようとしている女性もいます。言葉だけではなく、彼の家で手料理を披露したときに言うと効果的でしょう。

  • 【5】「子どもがいたら、自慢のパパになるだろうね」と、子どもの話をする

    「『結婚』と言わずに、家庭を築きたいことを伝えられる」(20代女性)と、将来の子どもの話をすることで、男性に結婚や出産を意識させる女性もいるようです。外出先で家族連れを見たときに何気なく言えば、男性も家族を作ることを考え始めるかもしれません。

  • 【6】「私も、パパを支えるママみたいな妻になりたいな」と、両親の話をする

    「理想像を話して、2人の将来を考えさせる」(20代女性)と、両親の仲良しエピソードを話し、夫婦という関係への憧れを伝える女性もいます。「自慢の両親だから、あなたにも会ってほしいな」と話せば、結婚の挨拶を意識する男性は多いでしょう。

  • 【7】「そろそろおつぼね様になっちゃうなぁ」と、さりげなく自分の年齢を伝える

    「職場の話と絡めて年齢の話をすれば、結婚への焦りに気づくはず」(30代女性)と、結婚適齢期であることを、それとなく彼に察してもらう方法です。仕事の話の合間にちょっと深刻そうに言えば、男性も気づきやすいでしょう。

  • 【8】「仕事人間だった○○君も結婚したねぇ」と、友人の結婚話をする

    「『次は俺の番か?』って、結婚を意識し始めると思う」(20代女性)と、男友達の結婚話をすると、男性が「俺もそろそろ」と結婚を考え始めるようです。彼が話にのってこない場合はしつこく話さず、話題を変えたほうがいいでしょう。

  • 【9】「あの人仕事一筋だけど、独身じゃ老後寂しいだろうね」と、同僚の話をする

    「きっと彼も、自分の身に置き換えて考えてくれると思う」(20代女性)と、独身の同僚の話をして、彼に危機感を持たせる女性もいます。彼に話しかけるというより、独り言っぽく呟いたほうが、深刻さが伝わりそうです。

「仕事一筋な男性に『結婚』を意識させる一言」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock