男性に「昔ヤンキーだった!?」と疑われる行動9パターン


「お嬢様系」「ギャル系」「サブカル系」など、女性にもタイプがあります。そんななかで、女性があまり分類されたくないと思っているのが「ヤンキー系」ではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性に『昔ヤンキーだった!?』と疑われてしまう行動」をご紹介します。

  • 【1】タバコを吸う姿に貫禄がある

    「普段おしとやかな子が喫煙者だと、昔不良だったのかなって…」(20代男性)という声もあり、女性喫煙者が増えたといわれる今でも、女性がタバコを吸うとショックを受ける男性は多いようです。体にもよくないので、禁煙を考えたほうがいいかもしれません。

  • 【2】金髪など、やけに髪の色が明るい

    「明るい髪色はヤンキーっぽくてイヤ」(20代男性)など、見た目で判断されてしまうケースです。自分ではおしゃれのつもりでも、あまりに明るすぎる髪色は男性ウケがよくないようです。次に髪を染めるときは、少し落ち着いた色合いを選んではいかがでしょうか。

  • 【3】何が何でも「筋」を通そうとする

    「筋って…普通の女の子はそういうこと気にしないでしょ」(20代男性)と、普段の態度から過去を察する男性もいるようです。信条などはなかなか変えられないものですが、あまり物事の「筋」にこだわりすぎる態度は、控えたほうが無難かもしれません。

  • 【4】聞き返すとき「はぁ?」と語尾を上げる

    「怖いよー。言葉づかいには気を付けてほしい」(20代男性)と、荒っぽい口調にゲンナリする男性は多いようです。同じ語尾を上げる聞き方でも、「ん?」「え?」などに変えるだけで、ずいぶん印象が穏やかになるはず。簡単なことなので、一度トライしてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】些細なことですぐに機嫌が悪くなる

    「キレやすい子は絶対元ヤン!!」(20代男性)と主張する男性もいます。短気な性格の中に、ケンカっぱやいヤンキー気質をかぎとるのかもしれません。すぐにイライラする女性と一緒にいて楽しい男性はあまりいないので、苛立ちを表に出さない努力をしましょう。

  • 【6】腕っ節の強さを自慢する

    「女子から武勇伝聞かされてもなー(苦笑)」(20代男性)と、呆れた様子の男性もいます。ケンカの強さを自慢しても、女性としてのアピールにはならないようです。冗談のつもりで言っても、本気にされてしまう可能性があるので気を付けましょう。

  • 【7】車にものすごい数のぬいぐるみを飾っている

    「ヤンキーの車丸出し! 絶対に乗りたくない」(20代男性)と、拒否反応を示す男性もいます。そのセンスは一般的に、「元ヤン女子」と認識されているようです。かわいいと思って飾っていても逆効果になりそうなので、少しぬいぐるみの数を減らしてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】ピアスの穴がひとつの耳に5個以上開いている

    「ハードすぎ。かわいいのは片耳3つまで」(20代男性)など、男性から好意的に受け入れられるピアスの穴の数には限界があるようです。かわいいというよりハードなイメージを与えてしまうので、穴の数を減らしてイメージチェンジしてはどうでしょうか。

  • 【9】スウェット姿でどこにでも行く

    「柄悪いなぁ。彼女だったらイヤだ」(20代男性)と感じる男性は多いようです。ヤンキー女子が、スウェット・サンダル姿で街を歩く姿を目撃したことがあるのかもしれません。そう思われても仕方のない行動なので、この機会に改めましょう。

ほかにも「こんな行動で元ヤン疑惑をかけられた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock