誕生日、彼氏のテンションを上げる「甘い一言」9パターン


誕生日に、「おめでとう」という言葉に加えて、何か一言心に響くメッセージを伝えられると、男性は彼女に愛されていることを心から実感するようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者からの意見を参考に「誕生日、彼氏のテンションを上げる『甘い一言』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「これからも毎年ふたりでこの日を祝おうね」

    「ずっと一緒に祝ってくれるんだなぁとしみじみする」(20代男性)というように、間接的に将来を約束した気持ちになるようです。結婚を意識している彼氏にはもちろん、つき合い始めてから最初に迎える彼氏の誕生日にこの言葉を送ってみると、喜ばれそうです。

  • 【2】「次の誕生日まで、またいっぱい楽しい思い出を一緒に作ろうね」

    「自分と一緒にいることで彼女が充実した毎日を送っているんだとわかる。つき合ってよかったと思う」(30代男性)というように、彼女のセリフから満足そうな気持ちがにじみ出ているとホッとするという意見です。「楽しい」というフレーズは、男性にとってうれしい言葉のようです。

  • 【3】「生まれてきてくれてありがとう!」

    「大げさだけど、自分も生まれて、彼女と出会えてよかったと思う」(20代男性)と、自分の存在価値を認められて感激するという意見です。「産んでくれたお母さんにも感謝しないとね」などの言葉が続くと、母親のことまで考えてくれている彼女をさらに愛おしく感じるようです。

  • 【4】「誕生日を一緒にお祝いできて幸せ!」

    「幸せっていわれると恥ずかしいけど、うれしい」(20代男性)というように、彼女の素直な言葉に照れてしまう男性が多いようです。普段、彼氏に素直な気持ちを伝えるのが苦手な人は、誕生日ぐらい、「今、幸せだよ」と率直な想いを言葉にしてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「あなたの誕生日は私にとっても特別な日だよ」

    「自分を本当に特別な存在と思ってくれているのが伝わる」(20代男性)など、自分の誕生日を本気で大切だと思っている彼女の様子に感動するようです。彼氏が「誕生日なんてどうでもいい」という感覚の人なら、「私にとっても大事な日だからお祝いさせて」と言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【6】「これからもふたりでいい年の重ねかたをしようね」

    「彼女のおかげで、自分もいい男になれていると実感する」(20代男性)というように、ふたりで一緒にいるからこそ、お互いに成長できていることをかみしめるという意見です。「彼女とともにいい方向に進めるように頑張らないと」と男性を前向きな気持ちにさせることもあるようです。

  • 【7】「これからもいっぱいケンカするだろうけど、ずっと一緒にいてね」

    「ケンカをしても、彼女となら一緒にいられそう」(10代男性)というように、「ささいなことで揉めることがあっても、愛の力で乗り越えよう」と決意する男性もいるようです。普段からケンカが多いカップルにとっては、ふたりの絆を強める言葉かもしれません。

  • 【8】「これからもあなたについていきます」

    「『ずっと一緒に居たい』って思わせてくれた」(30代男性)というように、彼女のけなげな言葉に、男性は「愛されている」と心の底から感じるようです。「オレについてこい」タイプの彼氏には、よりグッとくる言葉かもしれません。

  • 【9】「歳をとっても、出会った頃と変わらず大好きだよ」

    「自分でもあまり言わないから、『大好き』って言葉は心に響く」(20代男性)など、「特別なときにしか言ってもらえないから重みがある」という意見です。また、「今も変わらない」という言葉も、つき合い始めの初心を思い出して新鮮な気持ちになるようです。

ほかにも、彼から「うれしかった!」と言われた「誕生日の甘い一言」があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock