男性に「俺って彼氏候補?」と期待させてしまう思わせぶりな行動9パターン


モテる女性の何気ない行動のなかには、異性の気を引く「思わせぶり」な言動が含まれているケースが少なくないようです。無意識のことであれ、男性にあらぬ誤解を与えてしまうのは避けたいところ。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性が『俺にも脈あり?』と期待してしまう思わせぶりな行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「○○君はどういう人が好きなの?」と好みを聞き出そうとする

    「俺の好みを知りたいってことは、つまり…?」(10代男性)など、男性に好みのタイプを尋ねるのは、裏をかえせば「あなたに興味がある」というアピールに通じてしまうようです。多くの男性に同じ質問をしていると、「誰でもいいのか」とひんしゅくを買うかもしれません。

  • 【2】周囲の男性とは違う特別なあだ名で呼ぶ

    「自分だけ特別扱いされてる…のは気のせい?」(20代男性)など、特定の男性をあだ名で呼ぶのは、親近感の証として受け取られるようです。周囲の男性を「〇〇さん」などと普通に名前で呼んでいる場合は、なおさら「特別扱い」が際立ってしまいそうです。

  • 【3】男性の意見に大げさに共感する

    「会話中に『それ分かる!』とか強く同意されると、気が合う?とか思う」(20代男性)など、男性の意見に共感する発言は、「感性や考え方の一致」を意識させるようです。プライベートな話題で安易に共感をアピールすると、好意と勘違いされることもありそうです。

  • 【4】「〇〇君って頑張ってるよね」などとよく男性を褒める

    「自分の味方になってくれそうな気がする」(20代男性)など、「いいところ」を褒める行動は、男性の心を開かせるようです。人間関係を円滑にする方法として効果的ですが、やみくもに褒めると好意や恋愛感情と誤解されてしまいそうです。

  • 【5】飲み会のあとなどに「今日はありがとう」とメールをする

    「俺だけに送ってくれた?とか考えて悶々とする」(20代男性)など、飲み会のあとに送る「ありがとう」メールは、男性を悩ませるようです。女性の方からメールのきっかけを作ったことになるため、男性も「押してみよう!」と思ってしまうのかもしれません。

  • 【6】メールの文章に大量の「ハート」を付ける

    「ただの飾りだとしても深読みしてしまう」(10代男性)など、メールに含まれるハートの絵文字は、「どういう意味?」と男性の心理を揺さぶるようです。ごく普通のメールにハートを使うのは避け、同性または気になる異性だけに使ったほうがよさそうです。

  • 【7】「○○歳までに結婚したいんだ」と近い将来の希望を言う

    「もしかして俺も候補に入ってる?」(20代男性)など、そう遠くないタイミングの結婚願望を語ると、相手の男性にも「結婚」を意識させてしまうようです。念のため、あくまでも「世間話」の一環であることをアピールしたほうがよいかもしれません。

  • 【8】会話するときの距離が妙に近い

    「なんか近くない?と思うと、妙に相手を意識してしまう」(30代男性)など、会話をする際の距離の近さは、「心理的な距離感」にも通じるようです。男性に親密な関係を意識させすぎないためには、ある程度の距離を保って会話したほうがよさそうです。

  • 【9】ふとした拍子にスキンシップする

    「肩や腕に軽く触られるだけでも勘違いしそうになる」(20代男性)など、女性からのスキンシップは、わかりやすく男性の気を惹いてしまうようです。飲み会などで飲酒すると気がゆるんでしまいがちですが、過剰な接触には気を付けたいものです。

ほかにも、「男性が『俺にも脈あり?』と期待してしまう思わせぶりな行動」があれば、ぜひ教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock