男性がドン引きしてしまう「女性からの猛烈アピール」9パターン


意中の男性を落とすためには、ときに女性からアピールする必要もあります。しかし、あまり押しすぎると逆効果になることも少なくありません。そこで、今回は『スゴレン』男性読者に聞いた「男性がドン引きしてしまう『女性からの猛烈アピール』」を紹介します。

  • 【1】メールや電話で、一日に何度も連絡をする

    「恋愛は駆け引きが大事。あんまりしつこいとウザい」(20代男性)と、頻繁に女性から送られてくるメールに、うんざりしてしまう男性は多いようです。一方的に送るのではなく、男性からの返信が来たら送るようにして、コミュニケーションがとれるといいでしょう。

  • 【2】ほかの男性に対するときに比べて、あからさまにブリっ子な態度で接する

    「なんかキモい。バレバレだから笑えてくるし」(10代男性)と、あからさまな猫なで声や上目遣いに、かわいさよりも哀れみを感じる男性もいます。女の子らしさを極端に演出せず、ありのままの自分で勝負したほうがいいかもしれません。

  • 【3】発言・行動のすべてを不自然なほど褒めちぎる

    「何でも褒められると、こっちもリアクションしづらい」(10代男性)と、賞賛の言葉も過剰になると、男性の負担になってしまうようです。常に褒めるのではなく、男性が得意なことの話をしているときに「すごいね」と褒めれば、男性のテンションがぐっと上がるでしょう。

  • 【4】飲み会などで「送ってくれない?」としつこくねだる

    「『展開早くね?』って思うし、積極的すぎて引く」(30代男性)と、一緒に帰ることをしつこくねだると、男性は女性の強引さに驚いて引いてしまうようです。「帰り道、1人だと怖いな」のように言えば、男性から「送ろうか?」と申し出てくれるかもしれません。

  • 【5】男性の腕に胸を押しつけるなど、大胆すぎるスキンシップをする

    「好きじゃない子からされると、身の危険を感じる」(10代男性)と、女性発信の激しめのスキンシップに、恐怖感を覚える男性もいるようです。軽く手が触れるくらいのさりげないスキンシップのほうが、男性はドキドキするでしょう。

  • 【6】露出度が激しい服で、胸の谷間や脚を意図的に見せつける

    「見せればいいわけじゃない。遊んでるんだろうなぁって思っちゃう」(20代男性)と、露出度の高い服を着ているだけで、男性は「軽い子なのかな」と感じるようです。清潔感のあるワンピースなどを着たほうが、男性からの好感度は高くなりそうです。

  • 【7】付き合ってもいないのに、「私にはあなたしかいないの!」と断言する

    「彼女じゃないのに、そんな重いこと言われても困る」(20代男性)と、意識していなかった女性から「あなたしかいない」と言われると、男性は困惑してしまうようです。ここまで言うのであれば、「好きです」とまっすぐ告白したほうがいいでしょう。

  • 【8】「私、2番目の女でもいいよ」と、涙を見せて懇願する

    「振ったら呪われそうで怖いし、付き合っても束縛がすごそう」(20代男性)と、女性の深すぎる思いを男性は受け止めきれず、恐れおののいてしまうようです。好意を伝えても脈がなさそうなときは、押さずにあえて引くのもひとつのアピール法と言えるでしょう。

  • 【9】男性の仕事場の近くまで来て、帰りを待ち伏せする

    「さすがにちょっと怖いかな…」(30代男性)と、ずっと待っている女性に、ストーカー的な怖さを感じる男性は多いようです。メールなどで「今日ご飯でも行かない?」と聞き、男性からOKが出てから行けば、印象も悪くないかもしれません。

「男性がドン引きしてしまう『女性からの猛烈アピール』」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock