弟がいる女性に対して「さすがに男をわかってるなー」と感じる瞬間9パターン


生まれ育った環境は、性格に影響すると言われています。ということは、弟がいる女性は男性の扱いに慣れていると言えるのではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に聞いた、「弟がいる女性に対して『さすがに男をわかってるなー』と感じる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「無理しなくていいよ」と、背伸びしていることを見透かされたとき

    「かっこつけなくていいと気を抜ける」(20代男性)など、「自然体でいられる」という意見が寄せられました。ただし年上の男性には、「生意気な女性」と思われるだけなので、同じ歳や年下の男性にのみ通じるセリフだと考えたほうがいいでしょう。

  • 【2】好きなことに夢中になっていたら、「子どもみたいでかわいい」と言われたとき

    「無邪気なところも男の魅力とわかってくれている」(20代男性)というように、「子どもっぽい面も見せていいんだ」とホッとする男性が多いようです。「子どもみたーい、プププ」とバカにするような言い方は、男性を怒らせてしまうので注意しましょう。

  • 【3】失敗をしても、後輩の前で叱らないとき

    「男は変にプライドが高い」(20代男性)というように、女性が想像する以上にメンツを気にする男性は多いものです。仕事で男性に苦言を呈するときには、大人数の前で怒鳴るなどの行為は避け、ふたりでいるときに声をかけたほうがいいでしょう。

  • 【4】男性同士でマンガの話をしていたら、「それおもしろいよね」と話に入ってきたとき

    「弟の影響で少年誌を読んでいたんだなーと思う」(20代男性)というように、親近感を抱く男性は多そうです。自分が知っているマンガの話には、「私も読んでたよ!」などと反応してみると、男性との距離が近づくかもしれません。

  • 【5】仕事で戸惑っていたら、黙って助けてくれたとき

    「男は意地っ張りなので、女性に助けを求めにくい」(20代男性)というように、困っていても自分からは言い出せない男性は多いようです。黙って手を差し伸べてあげる優しさを見せると、「男心をわかっているな」と感謝されるでしょう。

  • 【6】好きなスポーツチームの話を嫌な顔せずに聞いてくれたとき

    「スポーツ話って女性は興味がなさそうだけど、弟の話を聞き慣れているんだろうなと感じる」(20代男性)というように、ウンチクを聞いてくれる女性に心惹かれるようです。興味がない話でも、なるべく笑顔で聞く心の広さを持ちましょう。

  • 【7】下ネタ話を軽く受け流してくれたとき

    「下ネタを『はいはい』と流して、話を軌道修正する人は一枚上手だなと思う」(20代男性)というように、普通なら嫌な顔をする女性が多い中、あしらい方がうまい女性に好感を抱くようです。下ネタ話を深く追求して墓穴を掘らないように、話の輪に積極的に加わることは避けましょう。

  • 【8】「これ得意だったよね。頼んでもいい?」と男性へのお願いの仕方が上手なとき

    「男を手玉にとるのがうまそう」(20代男性)というように、男性を扱い慣れていそうな頼み方にドキッとするという意見です。「○○くんしか頼れる人いないの!」などと、男性のやる気を刺激する言い方をしてみてもいいでしょう。

  • 【9】つき合う相手に「男らしさ」を求めていないとき

    「常に男らしくいられる人なんていない」(20代男性)というように、「男らしさ」を期待しすぎる女性は、男性を疲れさせてしまうことがあるようです。男性に理想を押しつけそうになったら、自分の弟が育ってきた過程を思い出し、少し冷静になったほうがいいでしょう。

ほかにも、弟がいる女性が、「男をわかってるねー」と男性に言われたエピソードを知っていたら、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock