男性が「聞いてあげよう」と思う相談の持ちかけ方9パターン


誰かに相談事にのってほしいとき、せっかくなら思いを寄せている男性に聞いてもらいたいものです。では、どのようにお願いすれば、男性は相談にのってくれるのでしょうか。今回は、『スゴレン』男性読者の声をもとに、「男性が『聞いてあげよう』と思う相談の持ちかけ方」を紹介します。

  • 【1】「あのさ…」と、普段よりも低めのトーンで深刻そうに話しかける。

    「普段明るい子のテンションが低いと、心配になる」(10代男性)と、いつもより女性の元気がないと、男性は気になるようです。深刻さを表現するため、悩みを話し始めるのをためらったり、伏し目がちにするのもいいでしょう。

  • 【2】「仕事のことで相談があるんだけど」と、要件を最初に伝える。

    「回りくどいと対応しづらい。率直に話してほしい」(20代男性)と、話しかける段階で「相談したい」という旨を伝えると、男性は聞きやすいようです。「人の話なんだけど」とごまかしたり遠回しにせず、率直に相談事を話すほうがよさそうです。

  • 【3】「ほかに相談できる人がいなくて」と、相手の男性だけに打ち明けることを伝える。

    「信頼して相談してくれたなら、期待に応えたい」(10代男性)と、相談相手に指名されることに、女性からの信頼を感じる男性も多いようです。「○○君にしか相談できなくて」といえば、特別な相手だと思っていることを男性に感じてもらえるでしょう。

  • 【4】「面倒だったらスルーして」と、謙虚な姿勢で持ちかける。

    「低姿勢で来られたら、無下にはできない」(20代男性)と、謙虚な姿勢や言葉遣いの女性には、「話に付き合おう」と思う男性もいます。ただし「私の話はいいから」と遠慮しすぎると、男性が「ならいいや」と本当にスルーしてしまうので注意しましょう。

  • 【5】「全然問題無いんだけどね」と、元気を装う。

    「本当はキツいんだろうし、支えたくなる」(20代男性)と、女性の無理している笑顔を見て、「放っておけない」と感じる男性もいるようです。笑顔で何気なくため息をつけば、男性も「何かあったな」と気づいてくれるかもしれません。

  • 【6】「アドバイスもらえないかな?」と、男性の意見を求める。

    「人の話を聞く気がある女性には、真摯に向き合おうと思う」(30代男性)と、アドバイスを求められると、男性は相談事を親身に聞こうと思うようです。意見を言いたがる男性は多いので、相談する分、男性の話も聞くようにしましょう。

  • 【7】「悩みがあってね」と、男性の肩にもたれながら打ち明ける。

    「スキンシップでドキッとさせられたら、あとは流されるまま」(30代男性)と、軽いボディタッチのドキドキ感で、女性のペースにはまる男性もいます。飲みの席などで意中の男性と隣り合ったときに、使える方法と言えそうです。

  • 【8】「今、ちょっと辛いんだ…」と、うっすら涙を浮かべる。

    「涙を見せられたら、断れないです」(20代男性)と、女性の武器の一つである「涙」には、やはり男性は勝てないようです。無理に泣く必要はありませんが、悩みを話していて涙がこみ上げてしまったら、我慢せずに泣いてもいいでしょう。

  • 【9】「ご飯行かない?」と、食事ついでに相談事をする。

    「食事のついでなら気軽に聞けるし、座って話もしやすい」(20代男性)と、食事中に相談事を打ち明けると、男性は抵抗感や違和感なく話を聞けるようです。「相談したい」と伝えるのが恥ずかしい人は、食事に誘ってみるとよさそうです。

「男性が『聞いてあげよう』と思う相談の持ちかけ方」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock