ラーメン店で男性に「この子、わかってるな」と思われる行動9パターン


女性一人では入りにくいと思われがちなお店でそつなく振る舞うことができると、男性は親近感を覚えるようです。そこで今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「ラーメン店で男性に『この子、わかってるな』と思われる行動」をご紹介します。

  • 【1】メニュー選びに時間をかけず、さっと注文する

    「特に券売機の前でまごつかれるとイライラしそう」(20代男性)など、店全体の流れを止めるような行動は男性から嫌がられるようです。何がいいのかわからない場合は、とりあえず一番スタンダードなメニューを聞いてみるといいでしょう。

  • 【2】「バリカタ(通常より固い麺)で!」といった専門的なフレーズを用いる

    「気兼ねなくまた一緒に行けそう」(10代男性)など、慣れを感じさせると、男性に気取らずに付き合えそうな印象を与えるようです。「『バリカタ』以外に専門用語って、どんなのある?」などと興味を示せば、男性はさらに誘いやすくなるでしょう。

  • 【3】カウンターにある箸や小皿を自然に取り分ける

    「慣れや気配りを感じます」(30代男性)など、ちょっとした心遣いでも男性に好印象を与えられるようです。特に「餃子にはしょうゆと小皿が必要」といった具体的な流れを想定した振る舞いだと、気の利いた印象を与えやすいでしょう。

  • 【4】食事に備えて長い髪をさっと束ねる

    「髪をかき上げたりしながら食べてほしくない」(20代男性)など、男性は食事中のマナーもきちんと見ているようです。髪の毛を整えたり、マフラーなどのアイテムを外すのはもちろん、食べながらメールを打つような行為も控えましょう。

  • 【5】調味料をテキパキと使い、テンポよく食べる

    「あまりのんびり食べるのはどうかと思う」(10代男性)など、テンポの良さを粋に感じる男性は多いようです。男性に合わせてあわてて食べる必要はありませんが、調味料を途中であれこれ加えるなど、時間のかかりそうな食べ方は避けたほうが良さそうです。

  • 【6】食事中や食後に、大声を出したりダラダラと話したりしない

    「カフェじゃないんで、くつろぎ過ぎるのはNG」(20代男性)など、おしゃべりよりも食べることをメインに考える男性は多いようです。会話は食事の流れを止めない程度にとどめ、食べ終わったらさっと帰るくらいの気持ちでいるといいでしょう。

  • 【7】「なんかこの味ほっとする」と、親しみのこもったコメントをもらす

    「味に対する親しみを共感できるとうれしい」(30代男性)など、「おいしさ」に関しても男性なりの感じ方があるようです。ただし「こだわりのラーメン」などではない限り、味を大げさに褒めると男性にしらじらしいと思われる恐れがあるかもしれません。

  • 【8】食べ終えた食器をカウンターに返すなど、お店に対しても気を回す

    「気が利くいい子だと思う」(10代男性)など、お店に対して気遣えると、男性の評価は高まるようです。特にカウンターのみのお店はスタッフがフロアに出にくいので、片付けやすくするためのちょっとした配慮が求められるでしょう。

  • 【9】礼儀正しく「いただきます」や「ごちそうさま」と言う

    「どんな店でも食事の挨拶をしている子は信用できる」(30代男性)など、食事のマナーがしっかりしている女の子に、男性は好印象を抱くようです。特にお店を出るときに「ごちそうさま」とはっきり言えるといいでしょう。

ほかにも「ラーメン店で男性に『この子、わかってるな』と思われる行動」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock