彼氏が「できれば見逃してほしい」と思っている小さな悪事9パターン


誰にでも、「悪いと思いつつもどうしてもやめられない」ことがあるものです。特に彼女に対して、「見逃してくれたら楽なのに…」と密かに感じている男性は多いのではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼氏が『できれば見逃してほしい』と思っている小さな悪事」をご紹介します。

  • 【1】趣味にお金を使ってしまうこと

    「カメラが趣味だからどうしてもお金がかかっちゃって…」(20代男性)など、申し訳なさそうな声が届いています。共通の趣味でないと、理解してあげるのはなかなか難しいものです。でも、お給料を使い切るほどでなければ、大目に見てあげてもいいかもしれません。

  • 【2】仕事の付き合いで女性のいるお店に行くこと

    「行きたくて行ってるわけじゃないんだってば!!」(20代男性)などの声もあり、彼氏はあなたが思うほどお店の女性との会話を楽しんでいるわけではないようです。「行く前に報告すればOK」など、ふたりの妥協点を探してみてはいかがでしょうか。

  • 【3】たまに学生時代の女友達と会うこと

    「頻繁に会うわけじゃないし、たまには近況報告もさせてよ」(20代男性)と、どうやら異性として嫉妬する必要のない「純粋な女友達」もいるようです。彼女として紹介してくれるよう頼んでみると、心に余裕が生まれて嫉妬心もなくなるかもしれません。

  • 【4】シャイであまり恋人らしい振る舞いができないこと

    「彼女のことは好きだけど、恥ずかしくてうまく表現できない…」(20代男性)などの悩みを持つ男性もいるようです。ストレートな愛情表現があったほうが嬉しいものですが、彼氏の愛情さえ確かなら、「かわいい人!」とポジティブにとらえてあげてもいいでしょう。

  • 【5】携帯のメモリに元カノが入っていること

    「今ではいい友達。未練があるわけじゃないんだけどな」(20代男性)など、友達として元カノと連絡を取り合う男性もいるようです。あなたがやきもちを妬いてしまうことも伝えたうえで、お互いに本音で話し合ったほうがいいでしょう。

  • 【6】絵文字が入ったメールを送らないこと

    「普段絵文字を使わないから、どうすればいいのか…」(20代男性)など、もともと絵文字を送る習慣のない男性もいるようです。ほかの人のメールと比べて素っ気なく見えるかもしれませんが、内容さえ充実していれば許してあげてはいかがでしょうか。

  • 【7】大雑把な性格で記念日などをよく忘れること

    「彼女を大事に思ってないわけじゃないんだよ!!」(20代男性)と必死で言い訳する男性もチラホラ…。記念日に対する情熱は人によって違うものです。記念日を覚えていてほしいなら、携帯の予定表に入れてあげるなど、彼女側も努力する必要があるかもしれません。

  • 【8】仕事が忙しくてデートをドタキャンしてしまうこと

    「時間が不規則だから、どうしても抜けられないときがある」(20代男性)など、仕事の関係でドタキャンが増えてしまう場合もあるようです。本当に仕事が理由なら、いちいちショックを受けたり腹を立てたりするのは逆効果。彼氏が「次会ったとき優しくしたい」と思えるような、かわいいすね方をしましょう。

  • 【9】家が好きで、あまりおでかけデートをしないこと

    「部屋が一番落ち着くんだよね」(20代男性)など、性格的に出不精な男性もいます。DVDを見たり、ふたりで料理を作ったり、部屋の中でもメリハリのあるデートを提案してはいかがでしょうか。おでかけでは得られない、ふたりだけの甘い時間になるかもしれません。

ほかにも「こんなことを見逃してほしいと言われた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock