初対面の男性のテンションを急上昇させる「何気ない褒め言葉」9パターン


「好き」という言葉以外で男性に好意を伝えるには褒めるのが一番。でもどう褒めれば男性の気分が良くなるのでしょうか。そこで『スゴレン』の男性読者に「女性に言われるとテンションが上がってしまう何気ない褒め言葉は?」というテーマでアンケートを取りました。ここぞというタイミングでぜひご活用ください。

  • 【1】「カッコいいね」と目を輝かせる

    「カッコ良くないと自分でわかっていても嬉しい」(20代男性)というように、素直に容姿を褒めるパターンです。「いやいや、全然モテないし」と謙遜するタイプには、「私はストライクだけどなー」とトドメを刺すと良いでしょう。

  • 【2】「男らしいね」と振る舞いを褒める

    「自分なりにカッコつけた行動をちゃんと見てくれてて嬉しい」(20代男性)というように、相手の潔い行動を評価するパターンです。いつもはナヨナヨしている男性でも、「やるときはやるんだね」と見直したという風に使うと効果的でしょう。

  • 【3】「なんでも知ってて、一緒にいて飽きないね」と感心する

    「頭の良さとか、知識の豊富さを褒められると悪い気はしない」(10代男性)というように、男性の引き出しの多さに感心するパターンです。「本当に頼りにしてます」などと付け加えれば機械モノで困った時でも、必ず助けてくれるようになるでしょう。

  • 【4】「可愛いね」と首をかしげながら笑顔で見つめる

    「おっさんになればなるほど、『可愛い』と言われると悪くない(笑)」(30代男性)というように、あえて男性を可愛がるパターンです。特に普段「カッコいい」と言われ慣れているコワモテの男性に使うと良いでしょう。若い男性には嫌がられる可能性もあるのでご注意を。

  • 【5】「性格が(も)イケメンだよね」と内面を評価する

    「顔は残念でも、せめて心のイケメンでいたい」(20代男性)というように、内面を評価するパターンです。「やっぱり男は顔じゃなくて性格だよ」とあなたなりの評価基準も一緒に添えると、男性の喜びはより増すことでしょう。

  • 【6】「○○君の彼女になる人は絶対幸せだよね」と羨ましがる

    「え、俺の彼女になりたいの?って思っちゃう」(20代男性)というように、男性の恋愛スキルの高さを認めるパターンです。これは彼女や奥さんがいる男性にも効果的。好きだけど付き合いたいほどではない男性にも使える、程よいヨイショワードでもあります。

  • 【7】「一緒にいるとすごい落ち着くよね」とうっとりする

    「相手にとってのオアシスになったようで嬉しい」(20代男性)というように、男性の懐の深さを評価するパターンです。だからと言って「お兄ちゃんみたい」「いいひと」といった、異性としては見ていないようなセリフを付け加えないよう注意しましょう。

  • 【8】「センスいいよね」と洋服や持ち物をチェックする

    「ちゃんと自分がこだわっていることを指摘してくれるとテンション上がる」(20代男性)というように、センスの良さを褒めるパターンです。髪型を変えてきた時なども触れてあげると良いでしょう。

  • 【9】「すごく仕事できそう」とデキる男だと認める

    「飲み会でしか会ったことがなくても、仕事できそうと言われて気分が悪くなる男はいない(笑)」(30代男性)というように、デキる男だと認めるパターンです。「初対面でも話がスムーズ」「細かいところに気づく」と具体例を挙げるとよりテンションが上がるでしょう。

「男性のテンションを急上昇させる何気ない褒め言葉」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock