背筋が凍るほど恐怖を感じた「彼女の嫉妬」9パターン


ちょっとした嫉妬心は交際において絶妙のスパイスになりますが、度を超すと好意を萎えさせてしまう恐れもあります。では、どんな嫉妬が怖がられてしまうのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性が『怖い!』と思う彼女の嫉妬」をご紹介します。

  • 【1】無断で携帯電話を盗み見る。

    「これだけはNG。人間性を疑う」(20代男性)など、携帯を見られることに嫌悪感を抱く男性は多いようです。無理やり秘密を暴かれるのが許せないのでしょう。携帯から知り得た情報より、盗み見たという事実が問題になるので、勝手に見ずにまずは話し合いましょう。

  • 【2】電話に出ないと職場にまで電話をかけてくる。

    「大人なんだから、仕事とプライベートは分けてよ」(20代男性)など、働く男性は職場への連絡を迷惑に感じるようです。彼女が連絡してくることで、職場での自分の評価が下がるのを恐れるのでしょう。連絡がつかず心配な場合は、まずメールを送ってはいかがでしょうか。

  • 【3】「昨日何してた?」など会話であからさまな探りを入れる。

    「明らかに探りの会話にはうんざり」(20代男性)など、猜疑心に満ちた女性との会話に強いストレスを感じる男性は多いようです。彼女から疑われている状況に耐えられないのだと考えられます。気になる気持ちは抑え、彼から話してくれるのを待つほうが賢明でしょう。

  • 【4】浮気を疑って女友達に無断で連絡をとる。

    「友達に迷惑だし、何より恥ずかしい…」(20代男性)など、人間関係を踏み荒らされたようで、不快に感じる男性は多いようです。そもそも浮気は、恋人同士の問題です。たとえ浮気の疑いがあっても、独断で相手の女性に連絡をとるような真似はやめましょう。

  • 【5】元カノとの思い出の品を勝手に捨てる。

    「勝手に捨てられるとさすがに引く…」(20代男性)など、元カノの痕跡を嫌がる気持ちはわかりつつ、他人の持ち物を無断で捨てることに疑問を感じる男性が多いようです。自分がやきもち焼きなことをさりげなく伝え、彼氏が自分から捨ててくれるよう仕向けてはいかがでしょうか。

  • 【6】浮気の痕跡がないか、ごみ箱の中までチェックする。

    「何もそこまでしなくても…執念が怖い!」(20代男性)など、ごみ箱の中まで調べられると気分を害する男性もいるようです。やましいかどうかに関係なく、ごみ箱の中は見られたくないものです。ごみ箱漁りをするエネルギーがあるなら、魅力的な自分になるために努力しましょう。

  • 【7】姉妹との旅行でも「女だから」という理由で嫌がる。

    「考え方がおかしくない? ちょっと病的…」(20代男性)など、的外れなやきもちの矛先に、ドン引きする男性が多いようです。姉妹は彼にとって異性ではありえません。家族旅行くらいは気持ちよく送り出してあげる心の余裕を持ちましょう。

  • 【8】中学時代の恋愛話も冷静に聞くことができない。

    「かわいい昔話なのに、どうかしてるよ」(20代男性)と、呆れられてしまうケースです。直近の元カノに嫉妬する気持ちはわかりますが、子どもの頃の恋愛話となると話は別。自分の知らない彼の姿を知ることができた、と前向きにとらえてはどうでしょうか。

  • 【9】職場でもらったお土産に腹を立てる。

    「義理でくれただけなのに、何でわからないの?」(20代男性)など、あまりに物わかりが悪いと腹を立てる男性もいるようです。お土産のやり取りは職場の慣習のようなもの。おかしな勘繰りはやめ、彼氏が職場で円滑な人間関係を築いていることを喜びましょう。

ほかにも「こんな嫉妬が怖がられた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock